場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。2015年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

暮らし

ヤフオクの自動落札で失敗!!

amazonでたまに買物はしますが、ヤフオクで買ったことはありません。ヤフオク初期の頃、親しい知人がヒドイシロモノを買わされたりしたのを実際見たことがありますし、そういうことが話題になったのが主因、それとやはり購入する現物をこの目で見てみたいと…

「食べる前に鏡をみろ」

実話です。スタッフのFさん、40代半ば女性、標準よりそこそこふっくらタイプ、お菓子好き。私からみると明らかに間食が多い。もう習慣になっている。おやつを考え出したヤツが偉い、習慣にさせたヤツが素晴らしい。年賀状というシステムを編み出したと同じよ…

食器を洗うときの音が気になり同棲解消か。

結婚前のお試し期間のようなノリでこの春から一緒に暮らし始めた後輩にあたるMと2つ下Yさん、うまくやっていると思っていた矢先Mから連絡が入りました。どうも彼女のあるクセにガマンできないらしいのです。あるクセ????? 食器を洗うときの音がウルサ…

人の誘いに乗ってよかった話

介護施設でのボランティア演奏2回目無事終了しました。1部=なつかしの唱歌 2部=女性陣によるフラダンス 3部=あの頃を思っての昭和歌謡と3部構成で時間にして約1時間弱です。 そもそも施設訪問をメインとしたボランティアの会を運営するTさんに声をかけら…

これは「呪い」かもしれません

私の中の顧客ランクでは中の下で推移しているお得意先のT社。とにかく若い人が入社せず焦りまくっております。年々高まる社内高齢化、平均年齢も凄まじいコトになっています。これまでの社員さんの定着率の低さは、これまた呪いでもかかっているのかと思うほ…

断捨離破断

「片付けようとしたけど、やはり無理でした」もうすぐ80歳を迎えるTさんはため息混じりに呟きました。けど意外にサバサバした表情で3秒後には笑みがこぼれました。 ご主人に先立たれ一人暮らしのマンションの6F。センスよく観葉植物の置かれたベランダから…

アンケートプレゼントに当選する方法

またまたアンケートに当選しプレゼントが送られてきました。先月開催されたサウンドメッセ大阪会場帰路口にて来場者アンケートが実施されていました。当日出展していたメーカーのうちから、おおよそ40社あまりがアンケート提出者に希望の自社製品をプレゼ…

大阪震度6弱(青い金塊)

明日で大阪北部地震から1週間、被災地域におけるブルーシート争奪戦の勝負を制したのは18日(月)当日のお昼時点で在庫を持っているその手の業者でした。その手…金物、土木資材系のお店です。ホームセンターではこういうとき若干心もとないですね。電話1本…

大阪震度6弱(見えない部分でビジネスに)

「老朽水道管 破裂、断水」 6月21日付け読売新聞夕刊に一面見出しです。まだまだ50年以上経過した古いパイプが見えない地下を走っているのが現実です。今回吹田市と高槻市でそれぞれ破裂した水道管は共に半世紀オーバーとか。50年!!!!!人間の臓器と同じく休…

大阪震度6弱

目覚めれば新聞が届いており、(しかも雨の日にはビニールに包まれている)弁当を作ってくれる人がいて、職場ではやるべき事柄が溢れており、クルマもスマホも与えられ(暗黙の了解でかなり自由に使える)あてにしてくれる人がいて、内部勤務のスタッフの手…

お金の匂いがプンプンのmix犬

中古品→ビンテージ、廃材→リサイクル資源、甘味加工品→スイーツ、商い側の都合で変換されるワード、ここ数年ペットショップで目にするmix犬も=雑種だろうと思っていましたが、値段みてぶっ飛びました20万とか中には30万近く、ええええええ~!!!!! チワック…

引き際はアンジュラ・アキに学べ

あの人はどうしているのだろう?とおもってアクセスしてみた!!久しぶりのアンジーネエ(アンジュラ・アキ)なんでもブロードウェでのミュージカルを制作しているとのこと。もともと異国の血が濃い方だったけど、この頃はこれまたハイブリッド化が一段と進化…

ムーミンマニア

妻はムーミンマニアです。まだ動画とグッズ集めの範疇ですが、そのうち聖地を訪れたいと言い出すのは容易に想像できます。いや、もうシコシコと資金準備段階に突入しているに違いありません。当初は部屋のデッドスペースだけだったのですが、最近はそのため…

しんみりと独り身を感じるとき

たんまりとサウナで汗を絞り、S君と2人休憩エリアでゴロンとマグロになっていたときのことです。私の憩いの場所にどうしてもついてきたいと後輩にあたるSくんの背中、左右の肩甲骨の間におできのようなモノを発見しました。現在皮膚科で治療中とのことですが…

どこか怖いカード払い

昨日大学4年生の娘の元に三井住友VISAカードから連絡が入りました。 “先月75万ほどお使いになられましたか?” 一瞬、何を言っているのか頭が回らなかった娘ですが、相手の言っている意味がじんわりと 脳みそを通過すると同時に叫んだそうです、“そんなに使…

家族円満、呼ぶのはおカネ

ベランダに面したフロアを全開にし、お昼前の心地よい薫風を楽しんでいました。外は緑が眩しくスピーカーからこぼれる軽めのスイング♪に合わせるように外の新緑も揺れます。梅雨入り前の心踊る最高の季節です。 ‘もう、いい〜!!!!’ せっかくのリラックスタイ…

実話・ゴミから宝

実績ランクでいうとCクラスですが、懇意にしているお得先があります。ウマが合うというのでしょうか。規模もそう大きくないので、家族的なのがその主因かもしれません。そのF社から‘直接仕事の件ではないけど、一度来て欲しいとの連絡をいただきました。 詳…

人混みへの愛

連休もあと2日。関西方面に限るところどころ開通している新名神の影響とクルマ自体保有数の減退によって以前より高速道路の大渋滞は緩和しているようです。といっても誰もが知る渋滞の名所では10キロ以上の停滞情報がラジオの交通情報から流れてきたりしま…

片耳不自由‘あるある’

記憶を遡ると左耳とサヨナラしたのは、幼稚園年少のころでしょうか。もう半世紀前のことです。現在だと医療ミスでしょう。はしかから悪化、膿が脳へ回り込んでいました。最初に駆け込んだ街中の耳鼻科は当時では珍しい女医さんでした。白髪のそこそこのお年…

退化への道

洋の東西を問わず呟かれてきた手垢まみれの常套句「最近の若いもんは…」その昔ソクラテスも口にしていたとか。。。。。。 というわけで思わずF君が帰った後、おもわず呟いてしまいました。フレッシュ新入の彼の研修係を仰せつかって、まだ日が浅いのですが早…

バブルですね

展示会を催せば、ここ最近にない好実績、職人さんは大胆に設備に投資していきます。先に仕事を抱えている証拠です。先って?う~ん来年半ばまででしょうか。現場仕事の人件費は右肩上がり、強気です。「それなら請け負えないですね」昨今みられなかった鼻息…

富裕層のみる景色

祖母の法事のため和歌山の片田舎に久しく親族が集いました。今回は区切り一応納めの法事となる50回忌です。実の息子(私にとっての叔父)が親の50回忌を行うことは珍しいことです。それだけ祖母が若くして逝ったということなのですが。 子供の頃よく遊んだ従…

無人駅と桜、あとは......

京都から京都縦貫道を約1時間あまり日本海の方角へ。この辺り、冬はザラついた枯木色が目につき景色そのものが寒々としています。カキーンと晴れわたる日も少ないようで、とにかく背中も丸まりがちでした。ついこの前までは。 地元の人によると変化はこの10…

心の中に陽だまりはなかったのか?

*閲覧注意!! 画像はありませんが、脳内妄想される方はご注意ください。 幕が降りるように目の前を遮断機が閉じました。アポの時間には十分間に合うのでのんびり構えていました。どんな時も練習!!と規則的に鳴る踏切の警報音のウラを左足で取ります。3月20日…

裁判の報復.....かも。

joegai.hatenablog.com 保険業に従事する知人自ら過去にお世話になったこともあるという、信頼に値する弁護士さんを紹介してもらう手はずになっておりました。ネットで調べたり、GOLF業界に精通している先輩から預託金返還に関するトピックも拝聴したりしま…

徒労の末に北酒場♬

精一杯の準備がたとえ徒労に終わったとしても、いつかどこかで役にたちます、必ず。 こってりと時間をかけた準備が全くの徒労に終わることがあります。それは飛行機事故のようの忘れかけたころに起こります。 金曜日、お得意先S社の方2名と昼食の約束をして…

イジメの構図

名の通った商社になれない中途半端な規模の商社ほど零細下請け企業をイジメる、こういう図式をイヤというほど見聞きしてきました。昨年世間を騒がせた神戸製鋼事件の際もそうです。御本殿にはそれこそ触れてはいけないように押し黙り、その矛先は下請けにま…

遠い未来はワザとぼんやりさせておこう

礼服を新調しました。2015年の病で激やせ(80kg→63kg 現在66kg)大半のスーツを買い替えるハメに。でも、礼服だけは機会が限られるだけにそのままにして放置しておりました。ただこの春に祖母の弔い上げとなる50回忌があり、親族が集まります。上半身の肉が…

さらば亀山ブランド

熱を帯びた競技の模様を伝えるアナウンサーの右頬がボクサーのパンチを食らったようにどす黒ずんでいる。照明映えする正義感溢れるメイクとの対比が強烈だ。しかし腫れ上がっている様子はない。カメラが引かれ隣の解説者が映し出される。今度は元オリンピッ…

「Now’s The Time」(今がその時)

早朝のオフィス、タイムカードを押すと同時に静かな電子音が耳に届き1通の弔電依頼が舞い込んだ。昨年暮れに新規で仕事をした方の会社名が書かれていた。あ、あの方のお父さまだな、とおもったらその字面、どうも見覚えがある、むしろ同じ苗字の喪主に見覚…