読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

愛すべき本

これって、フォトリーディングですよね

私がフォトリーディングの講座を受けたのが、確か2008年だったと思います。かかった費用は2日間で10万円越えと私にとっては超高額なセミナーでした。受けた当初こそ受講者のアフタフォローに値する有志主催の読書会にマメに参加していました。が、今や知る…

モノから自由になれるのか

4月に入って休みがありません。毎年この時期通例となっている展示会が連発しているためです。三菱重工が客船製造部門から手を引くことが影響し、ここ長崎の造船業には暗闇が忍び寄って来ているようです。毎年弊社のブースで話し込んでくれる方々も今年は、…

「月刊 BIG tomorrow」から学ぶこと

「月刊 BIG tomorrow」、なんと手にとったのは30年ぶり!!です。本日休日出勤でフラフラになりながら、閉館前の図書館にオアシスを求めて飛び込みました。先週訪れたマイ・パラダイス福岡総合図書館の分館に当たる福岡市博多図書館です。まあ、総合図書館に比…

投資マネジメントの訓練にはいいかも

国内株を弄っていた頃から、そう「会社四季報」そう信頼はしていませんでした。自費で購入もしましたが、確か10年で2回ほどだったと思います。だからこの新書もそう興味はおぼえなかったのですが、先日 福岡総合図書館にて偶然にも発掘、ワンセンテンスでも…

ワンダーランドは利用しないとソン

例年になく寒々しいお花見時期です。人混みと騒動しいのは避けたいので、朝早く近所の公園に出向きましたが、福岡はまだ3分咲といったところでしょうか。あちこちに目がつくブルーシートがこれからの饗宴を想像させます。こういう日は逆張りで図書館です。先…

29(肉)の日の読書

地元の人の言うことは聞いてみるモノです。 佐世保バーガーは、ここに九州に着任した当初5年前に珍しさもあって専門店5~6軒を廻り試したコトがあります。だいたいネットが主な情報源でした。有名と言われるお店の最も値が張るバーガーも胃袋に納めました…

ヒントは足元に転がっているかもしれない。

投資本インプットを実行するのと並行して、変化を捉えるアンテナをもっと鋭敏に張ろうと心がけています。あれだけ流行った茶髪が沈静化していったタイミングは捉えるコトはできました。マフラーガン巻きで凍えていても、足元はショートソックスでパンツも短…

コトバではなくて.....

「もう1歩前へ、君のはそんなに長くない」「いつもキレイに使っていただいてありがとうございます」男子なら便器の前で必ず目にされたことがあるとおもいます。裏メッセージは言わずと知れた‘便器周りを汚すなよ!’です。これを、一言も語らず、ニヤッとさ…

ついに見つけたプレゼン必携本

昨日は、ぜひAクラス顧客にしたいと思っていた、ディーラーにて軽いプレゼンをさせていただきました。これまでも継続的な付き合いはあったのですが、いまいち売り上げも伸びず絆も途切れがちでした。ここらでグィと手綱を締め直したいという矢先、これは絶好…

モノを売るという楽しみも捨てがたい

なるほど、規模は小さいがこれも転売だな...。買い取りのレシートで詳細をチェックしながらニンマリしてしまいました。 本のフリマで売れ残った書籍のうち手元に2冊を残し、他の25冊をBOOKOFFに持ち込みました。 買い取り専用カウンターで交換札を渡され…

海外に暮らす“活字好き”日本人へのお土産は...

出店者として楽しみにしていた、『はかた図書館ブック市』は 未明から降り続く雨の為、館内大会議室での開催となりました。 開催1時間前のAM10:00に出店者が集合、スタッフから注意事項&売買についての説明を聞いたあと準備に入りました。 この日の出店…

本のフリマに出店します

明後日、このところお世話になっている博多図書館が主催する『はかた図書館ブック市』に出店いたします。 メインである図書館リサイクル本の無料配布と共に、一般利用者の古本フリーマーケットもおこなわれるのです。 実は夏前に200冊ほどブックオフに売って…

3日間のネット断ちがもたらしたもの

この3連休、奈良&大阪の自宅と実家に帰省したのをきっかけにネット断ちしておりました。列車内やヒトとの待ち合わせの時間での手持無沙汰もアッという間に読書&ヒューマンウォッチで楽しむ事ができました。そういえば、スマホ&ケータイが市民権を得るまで…

小説がある幸せ

桐野夏生氏の小説にどっぷりです。すき間時間を見つけてはページを追っています。 これほど特定の作家に夢中になったのは7~8年前の伊集院静氏にハマっ以来でしょうか。もっとも以前から私の廻りの“本読み”の間では、桐野ワールドという言葉が飛び交ってお…

『コンビニ人間』...座布団10枚!

フッ~と長めに息を吐き切り顔を上げると、レジのスタッフさんと目が合いました。そそくさと視線をはぐらかしたのは若いイケメンくんの方でした。私はどんな顔をしていたのでしょうか。完全に時間の概念がトンでいます。手にしていた『文芸春秋9月号』をそ…

また、器量格差を感じました

その会社は、野良猫天国ともいえる廃墟のような貸しビルの1Fにあります。 社長ももうひとりの社員も爺さんです。かっては栄華を極めたらしいですが、今はとりあえず廻っているという感じでしょうか。この二人がそれぞれ営業兼配達で1トントラックで駆けず…