読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

同窓会でのカースト制度

生き残り論 暮らし

昨日は地元で高校3年時代の同窓会でした。正月休みの終わった4日に福岡へ戻ったばかりなのにまた日帰りで大阪を訪れました。福岡~大阪の交通費が厳しいですが、なんせ5年ぶり、集まりはよくなくても18歳のあの頃に戻れるので楽しみにしておりました。早めに着き、大阪・心斎橋近辺をブラブラと市場調査^^; 意味不明の甲高い言語が飛びかいます。アジア各国からの観光客でしょう。たこ焼き屋さんが軒を連ねる道頓堀界隈が賑わいのピーク、今でも自撮り棒を使っての記念撮影のグループでごった返しておりました。


この日定刻通りに集まったのは男女&先生含め合わせて15名でした。当時大学を出て5年目の担任のM先生は、熱血ほとばしる青春ドラマに出てくる先生そのものでした。

 

当時18歳と27歳、先生がとてつもなく大人に見えていたモノですが、生徒が55歳にもなると、もう9歳の歳の差なんて全く関係ないですね。ほぼ同級生、杯が進むたびになぜか会話もタメ口に^^;

私はこの日この日に合わせコミニュケーション関係の本を読み込んでおり、ちょうど試してみたかったことがありましたので、ちょうどいい実験の場となりました。^^;

すなわち、自分が話しの中心にならない……

①傾聴に徹する
②それによって相手に寄り添う
③偏った人とばかりではなく全員と話をする

この3つです。

掘りごたつ式の客席だったので、時間配分を念頭に別のテーブルに移動しながら懐かしい話を肴に酒席を楽しみました。う~んこれくらい生きてくると色々ありますね。亡くなった方も…(TT)合掌。

そこで気づいた50代中ば、目に見えないライフステージカースト制度とは…

前提として、現在があまりよろしくない人は、そもそも場には顔を見せません。^^;

 

ズバリ!結論です…カーストのトップは

👑①本人又は配偶者が一流企業もしくは公務員….どちらかというとこのご時世と多少田舎という土地柄を考慮し公務員に軍パイが上がる。
②子育てが終了しており、その子供も上記の2職種。
③その子供が所帯を持っている。
④その子供、住まいが持ち家である。(年齢的にも20代もしくは30代前半でということです)
⑤その子供に子供がいる。(つまり孫)

上記5つを満たしている方…王様です!!!間違いなく!!!!!極めて日本人的&昭和的価値観ですが。(ちなみに1名おりました)

あとは上記理由から外れる毎にカースト下部に転落します。(^^;


私はカースト...........低い方ですね….^^;

 

やはり公務員がダントツのトップです、話を聞いていても…よだれがダダ漏れ状態です。^^;


自身も市役所に勤務するUさんは、娘さんが公務員試験に合格したと周囲がドン引きするほどの大喜びでした。今は一流企業でも先が見えない状況、それよりもどんな景況でも間違いなく年2回(時には3回!)のボーナスが規定通りいただける、昇給もある、よって先の計画が見据えることができる、やはりこれがイチバン安泰であるということなのでしょうか。しかも定年退職後も受け皿には不足しない、という大特典付き。

 

行先が明るいモノに惹かれる、まあ人間の本能であることは間違いありません。

私は零細企業勤めのため、親方日の丸(死語^^;)艦隊のような手厚い保護には程遠い環境です。
自分の足元は自分で照らさなければ一歩も前に進めません。でも、なんとか少ない知恵を総動員してでも与えられた命を必ず全うしていきたいです。場外乱闘に持ち込めば意外に強いですよ。(^^;)

 

そうそう、酒席では自分から席を移動して、全員と上記の3つに注意しながら会話を楽しみました。いろいろありますが、こうやって恩師を囲んで集まれること自体が有り難いことだと思っております。

 

f:id:kirinup:20170108100449j:plain

くいだおれ』のお店はもうなくなってしまいましたが、くいだおれ太郎はしっかりと生き残って、相変わらず人気者です。