読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

路地裏ママの教え

暮らし

気が付くと現在進行形で小金が貯まっています。小金ってどれくらいでしょうか?私にとっては.....う~ん基準はないです。よく云われていることですが、お金は仲間を呼ぶからです。小銭が集まって小金になり、出世魚のように段々と大きくなるからです。
どの時点で小金と呼ぶかは感覚の問題です。あえて云うなら目安として大きくなる元の金額は、私的には3000円くらいでしょうか(500円玉×6枚)。ここからスタートです。
私500円貯金大好きです。よく売られている500円貯金専用箱を使ったり、時にはサイズが適度かつでデザインも気の利いたケースをそのまま流用したりしております。
知らぬ間に貯まります。


コレ思うに、学生時代バイトしていた大阪/天王寺(コアやな..)のあるスナックのママの教えを素直に実行しているだけなのです。

 


ママとはどういう人か

砂糖工場 金属加工工場 新聞配達 パン工場 甲子園球場での売り子 酒屋 居酒屋 喫茶店 そしてスナック。これ私が高校~大学の間にバイトした職種です。

戦後小さなレストランから初めて喫茶店3店 レストラン2店を経営するまでに
なったやり手のオーナーが経営者するレストランでバイトしていた私は、ある日オーナから呼ばれこう告げられました。大学3年生でした。

“来月からこの近くにスナックをオープンさせるので、できればしばらくそちらの方に廻って欲しい、夜遅くなるけどその分バイト代は上乗せするから”
私はすぐにOKしました。昨年の居酒屋でのバイトで夜のお酒を扱う商いの魅力を十分に知ってしまっていたからです。

 

そのスナックはママとママの知り合いという20代後半の女性でオープンしました。私は完全に雑用係です。開店前のそうじ、皿洗い、つまみの買いだし、たまに酔客の話し相手等です。話し相手といっても聞いているだけです。口下手な私にとってコレはラクでした。バイトの日は帰りの終電まで雑用をこなしていたので、ママにも重宝されけっこう可愛がられました。当時ママは40代後半 母親と同じような年齢でしたが、私とはなんとなく波長が合いました。そのうち廻りからの噂と本人からの言葉の端々から、ママはオーナーの愛人であるということがわかりました。(まあ~スタンダード的によくあるパターンですが)色々人に騙されたりしていろんな重みを背負っていきているというのもそれとなくわかりました。と完璧に演歌の世界です。八代亜紀です。


ママの教え

雨降りの給料日前のヒマな時間帯には、ママとはいろんな話をしました。私にバイト代の使い道を聞いていたことをきっかけにお金の話はよく聞かされました。

 

ママが云うお金を貯める方法とは

①必要以上に夜は出歩かない

 いやいやママ本人ががこういう仕事(スナック)をしていて、その現場でバイトしている私にそういうことを言うのか、とおもわず突っ込みを入れてしましそうになりましたが、近い将来社会人になる私にこれはよく効きました。人間だれしもアルコールが入ると気が大きくなるのです。もう1軒、もう1軒となり最悪は終電で寝てしまい終着駅からのタクシー帰りこれは時間とお金の大散財です。(実は何度も経験済み)実際夜のバイト代が昼間に比べていいのは、その金額を払う人がいるからです。居酒屋バイト時代から月20万ほど貰っていました。30年以上前のことです。

 

②500円玉貯金をせよ

 500円硬貨が出廻り始めて間もないころでした。1000円より財布に優しく心の負担も軽く、100円より効果がてきめん。財布でみかけたら貯金箱に、これを習慣かせよ、とのことでした。
 

現在までそれを実行中 この2年でも10万貯まりました。計算上は週2回の貯金箱入れで 月4000円 年間5万円弱 2年で10万です。

 

③本当に必要な夜のお付き合いってそう多くナイ

 確かにそうです。昨年体調を崩し2ヶ月の入院を余儀なくされました。退院しても食事制限があったので相手が気を使って誘わなくなりました。で、それが当たり前になってしまいました。酒場で愚痴るだけの効率の悪い飲み会は100%避けるコトができています。こうやってブログを書いたり夜は自分の好きなことに費やして楽しんでおります。私ぐらいの年齢になると残り時間が見えてきます。多いように思えても実際はそんなコトはないです。なぜなら1/3は睡眠だからとママが云っていたのが身に染みて理解できています。

 

あれから30数年、オーナーは亡くなったと聞きました。ママはどうしているのでしょうか。年齢的にはどちらとも取れますが.....。これから日本酒の美味しい季節です。
もしご健在なら、かる~く一杯やりたいです、貴女となら。支払は500円硬貨で払わせてください。

f:id:kirinup:20160927202459j:plain