読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

緩急つけて自由への逃避です。

今週のお題「犬派? 猫派?」

f:id:kirinup:20160324212433j:plain

 

動物大好きな私は子供の頃から、犬か猫を飼っていました。時期によっては両方いた時期もあります。正確には、私が飼っていたのではなく、家にいたのですが。(^^;

ずっ~と犬派でした..。でも、歳を重ねるにしたがって
ネコの孤高感プラス自由奔放さに憧れといってもいい
感情を持つようになりました。

 

田舎なのでネコの場合は、勝ってきままに出ていき気が向いたら、又は食べ物が確保できなくなったら帰ってくるというパターンでした。どこでなにをしてきたか、どういう場所に潜んでいたかわからないので衛生のため家の中には入れません。


そういう場合は、許しが出るまで縁側のすみでじっ~と待っておりました。
それこそネコナデでせつなく鳴くのです。出ていくときは、愛想もクソもなく立ち去るのに。

 

そのうち母が『仕方ないねえ~み~ちゃん』と、語りかけながらお湯で硬く絞った
布で全身をフキフキしておりました。家中に入りノドを鳴らしながらひと通り愛想を振りまいたとおもうや、お気に入りの場所、居間を一望できるタンスの上に鎮座です。
それから、動きません。

 この緩急のつけ方、生きていく上のお手本にしたいです。犬じゃ~こうはいきません。


そういや~フーテンの寅さんって.....まるで猫みたい。結局、帰るところがあるからいいのでしょうが。