場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。2015年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

相性について~あいみょん 編

相性というもの、例えば生姜焼きには豚肉、ビールに枝豆見たいなもだろう。

ビジネスにも当てはまる、いまや誰も彼もお客として取り込む時代は終わった。

相性といいお客だけと付き合い、価値を提供していく時代だ。

 

いまいち相性の悪いお客と付き合うと、対応にかかる時間が予想以上に奪われる。

そのくせ見合った報酬は見込めない。その不毛な時間を上顧客に使えば、もっと

いいサービスを与えることができ、喜んで貰え見返りも期待できるというのに。

 

 

2月13日大阪城ホールでもライヴ一発で魅了されまくり

今だに♫余韻の抜けないあいみょん との相性に当てはめてみる。

 

 

まず昨年10月の発売時秒速でSOLDOUTとなったツアーの追加公演にチケを

 FC内でのキャンセル分トレードで、公演1週間前に手に入れルトができ、

しかもその座種が最前列という事実。コレもってます。

 

 

次にグッズ。

 

私が開場である大阪城ホールに到着したのが18時開場の20分前、なんとすでに

4種類ほどあるTシャツが全種類SOLDOU T!!!!😭😭 こんな体験初めて!!!!!!

 

仕方なくロングTシャツとタオルを手に入れる。ロングTシャツってあまり用ないような…..

f:id:kirinup:20200213232552j:plain

ロングTシャツ 背中側  AIMYONの文字も控えめでよろしい!!

けどけど~実際帰宅してみてじっくり拝見してビックリ!!!!

完全に好み~で~す。バックプリントがイカしています。

一面の雲の中、よ~くみるとカモメだろうか1羽の鳥が…

 

いいなあこういうの~ナイスセンス!!!!

グッズのデザイン担当誰だろう。とにかくグッジョブ!!!!!

いろいろ想像の枠内を超てくるので嬉しくなってきます。

f:id:kirinup:20200215233335j:plain


大空に羽ばたく1羽の鳥、ストーリーがあります。

カモメのジョナサンか。お父さんの影響が濃厚なのか

時たまこういう70年代臭を漂わせてけむにまく。。

 

デザインがイマイチ好みではないのに、好きなアーティストの

グッズだからという理由だけで愛用って....私はできないし

ストレスの温床でしょう。

 

で、今回のグダグダで私とあいみょん との相性は

真夏には麦わら帽子,のようによく馴染みそうだ。

(こじつけ?それもアリなんだよ)

 

それぞれの人生~あいみょん 編~

 

暮れなずむ大阪城ホール、なんだかんだドタバタしながらも当日を迎えた。 

あいみょん SIXTH SENSE STORY  Tour 2019 ~2020   追加公演の最終日。

人、人、人凄まじい数のオーディンスが繰り出している。

ファン層の幅広さに驚愕した。

小学生から70代ぐらいか(?)までいる。

f:id:kirinup:20200213182655j:plain



18時開場の列に並ぶが電子チケットがまだ不安ではある。^^; 表示方法が、だ。

隣に並ぶ同年代のソロで来ているオヤジに聞く。腰抜けるほど簡単だった。

 

その座席ナンバーを見ながら、オヤジが呟く

「メッチャ イイ席ですね~~」

そうなんですか?

多分コレだと前の方ですね。(アリーナ A2 1-4)

FCクラブの先行で買われたのですか?

いや、ファン歴2ヶ月 FC歴1ヶ月です。

チケ流通センターみたいところで3万まで出しても

イイから買うつもりでした。

是非このツアーは見ておきたいと思って。

でもFCに入ると正規値段で、トレードできる制度があること知って、

イチカバチか申し込んで抽選をまっていたんです。

で、当選結果が来たのが2週間前、ということです。

 

 

オヤジの言うこと本当なのかい?疑いながら一段低いアリーナに向かう。

f:id:kirinup:20200213182816j:plain



最前だった。A2ブロック1列目4番。少し左よりだが。

冒頭、挨拶がわりにあいみょんがステージ左右にすっ飛ぶ。

平成生まれのカリスマが目の前でギブソンかき鳴らしてくれた。

こういう人生もある。

 

 

あいみょん ラスト近くで泣いていたな。

4年前、2016年の夏はこの大阪城ホールの最寄り駅前の

路上で歌っていたとか。大阪城ホールで大好きなスピッツ

ライヴ前のことだ。自分が歌っているところから300m先には、

大観衆を飲み込むマンモスホール。

自分の歌を聞いていてくれるのは20人くらい。

歌い終わってそのホールに向かう、ギターかついでスタンド席

最奥部でスピッツを観た、とか。その時平成生まれのカリスマが

思った事は想像できる。

 

 

そして4年後、そのステージセンターに自分が立っている。

2日間とも超満員、しかも追加公演だぜ、コレ。

今日、本番前、こっそりと外に出てかって自分が歌っていた場所を

見にいったらしい。その時何を思ったのだろう.....

そら泣くわな。

こういう人生もある。

 

 

帰り大阪環状線大阪城公園駅から天王寺方面に向かう。

ツアーグッズに身を包んだファンが車中で余韻に浸っている。

途中の駅でほんわかイイ色の顔になったオヤジ2人組が乗ってきた。一人は若い。

軽くアルコールの匂いをひきづっている。

 

 

年配オヤジが同じようなカッコをした集団に目をやる。

「んんん? あ、あいみょん ?」

若い方がすかさずスマホググる。「あ~マリーゴールド♫歌っているコですよ」

「マ、マリー、マリーゴールド?? それって花やんか!!!! 

ワシなあ、まあ長く生きてるけど、コンサートいうのいったことないねん」

 

こういう人生もある。

f:id:kirinup:20200214002131j:plain

すでに2020ツアーの報告が本人よりあった。

また会いに行こう。

成せばなったぞ~あいみょん チケ編~

次のツアーではダメなんです!!!今のツアーSIXTH SENSE STORY 2019 コレでないと。大人になりきる前のまだ尖ったみょんがみたい!!!!!~死ねぇえ~と叫ぶ、暴れるみょんをみたい、♫sex pistolsの目覚ましが~♫と綴って70年代ロックオヤジをいたぶり、かもめを丸焼きにし、麦わらの~帽子の♫と郷愁を誘う反面、好きな男の両腕を切り落とし、目玉をくりぬき、心臓でネックレスを作るという猟奇的キレまくり、エロも今はいらないと叫ぶ言葉の天才みょんを観たい、聴きたい、身をおきたい。

 

あいみょん にどハマりした2019年末からアタマの中はそればかり、よくあるチケの転売ショップにて手に入るのだったら2万円ぐらいまでだったら出してもイイとまで腹を括っていた。でも、それって極力やりたくない、そういうのはアーテイストへの冒涜なんだよ!!!!

 

迷走しまくっていたら、今は正規料金でトレードできる制度があることがわかった。イイ国日本!!

ただし、みょんのFCの会員にならなければならない。なります、なりますって!!

今時ばFCも月払いなんですね~コレ明らかに中学生や高校生のことを考えているのではないか?

う~ん優しい。また💕惚れてしまう。

 

 

スマホオンチのオヤジだがなんとかいじくる。ああ~画面が見えない、メガネを外し画面との距離をつめなんとか操作トレードに申し込み待つこと1週間、この間操作ミスではないだろうか、変なとこいじってしまって和いだろうか?と悶々としながら日々をやりこす。

 

 

そして先日、見事当選!!!!!!!  2月13日大阪城ホール 

 

追加公演   東京2公演(すでに終了) 大阪2公演の最終日だ。ついにやったぞ!!!

 

 

しかし、電子チケってなんかコレ不安だなあ~大丈夫なだろうな~

カレンダーの先にある楽しいこと、あと2日💕ワクワクしながら過ごせます。

東京公演のセトリがすでに公開されている。便利な時代になりました。

 

 

結局  定価 6600円 プラス 各種手数料計 1000円ほどで購入できました。

しかし、電子チケットってなんだコレ、大丈夫なのか?心配は尽きない。

嬉しい心配だ。

 

ところで、コロナウイルスでキャンセルした人がいたのだろうか??

心配は尽きない。でも、ワシはいく。^^V

 

アンコールはバッハ♫で。

2月4日は読売日本交響楽団の2019年度大阪定期公演の3回目でした。 19年度の大阪定期公演はコレで終わり。

 

初心者には難解と言われるマーラーの中でもとっつきやすい交響曲第1番ニ長調「巨人」が今夜のメインプログラム。音楽を聞くのに難解ってどういうコトだろうと、定期的な出張先の金沢で偶然知り会ったクラッシック好きのオッチャンSさんから音源を借り聴き込んで臨んだ。

 

フェスティバルホールに早めに着くようにし、一駅乗り継ぎ梅田へ、この日も梅田グランフロント前大階段下で,やましたりながバスカーをおこなっているハズなので2月1日に聴き込んだにもかかわらず(前記事参照)許される時間は15分間だけだが、絶品の歌声に会いにいく。♫ 15分でも爪痕バチバチです。^^;

 

 

「第25回 大阪定期演奏会

f:id:kirinup:20200205190406j:plain



指揮:山田和樹

 

ヴァイオリン:ネマニャ・ラドゥロヴィチ

 

マーラー  :花の章  約8分

 

ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 約35分

 

(休憩)

 

マーラー  :交響曲第1番ニ長調「巨人」  約53分

       

 

年間指定席は3Fの最後尾ど真ん中、この席とも今日でお別れ、3回だったけどありがとう、ヴァイオリン協奏曲ニ短調 メタルバンド🔥メタリカのメンバーのようにロン毛を振り回しながらの超絶技巧に度肝を抜かれました。「巨人」第4楽章のラスト3分、噴火口から迫り上がってくるマグマのような音圧に圧倒、直接感じる音ではなく響き渡る音圧はオケの真骨頂です!!!!3F席最高!!!!!!

 

 

大阪での年間3回の定期公演最安値の3F席は11000円だったかな、お得です。2020年もすかさず申し込み完了、もちろん3F席です。消費税の関係か若干値段が上がっていたな。

 

2019年度年間指定席は3Fの最後尾ど真ん中、この席とも今日でお別れ、「席番号3ー8ー39」3回だったけどありがとう!!! クラッシックもメタルもプログレもJAZZも演歌も…..(演歌のまともなコンサートって出かけたコトはないけど たぶん…)ナマ演奏最高!!!!!!!

 

マーラー難しい、って……要は独特な聴き慣れない旋律なだけで、意外にハマるにかもしれない。

指揮の山田さん、「巨人」第4楽章 終盤、特にラスト3分暴れまくって、タクト降ろした途端ヘロヘロだったのが笑った。^^; パッションは伝わるのだ。聞いて方もみな前のめりでした。

f:id:kirinup:20200205190425j:plain

アリアの旋律が今でも頭の隅にいついています。

音楽♫っていいな!!!!!

2020/2/1のやましたりな

 

 

 5日間続いた関東遠征を無事終えたばかり、その疲れを微塵も見せないやまリーのバスカーに足を運んだ。梅田グランフロントでのバスカー、ここがやまりーのホームなのだろう、MCでは見慣れた顔に囲まれホッとすると。なるほどホームとはそんなものか.........傍目からみても安堵感に溢れていた。

f:id:kirinup:20200201230908j:plain

 

この日は神戸のシンガーソングライター優利香とのジョイントでそれぞれ4~5曲♫づつで交代するという一粒で2度美味しい(昭和死語)という企画だ。

f:id:kirinup:20200201230949j:plain



毎日なにかしらのやまりーの音源♫を耳にしているのだが、」う~んやはりナマの歌声は格別だ。何度も書くが歌の上手い人は世の中にはいて捨てるほどいるが、聴いている人の心を打つ歌を唄える人となると極々極々一部だろう。

 

初めて足を止める人へのアピールの意味もあるのか、カバー曲♫が多めであった。やまリーと優利香、お互いが大体20分ほどで交代してのパフォーマンス、やまりーの3度目だったろうか…♫カブトムシ♫を披露している時、突然胸が苦しくなってきた、ええええ?なんで? 

 

 

息をするの忘れていた………^^;

 

 

 

あまりにも聴かせどころ満載なので、体内コントロールが異常をきたしたようだ。。。。。。

 

 

4月4日地元奈良でのLIVEのチケを手売り購入し、本日は退散、こちらも自分の練習がある。ナマのアコギの音♫に発奮されました。

寒い中染みる歌をどうもありがとう。

喰わず嫌いの罪~あいみょん 編~2

今の私にとっての応援songがコレだ。この疾走感、そして歌詞がいい、現実に空回りし孤独にさいなまれ自暴自棄になりながらも明日に向かって突き進む詞中の主人公に自分自身を重ねた方も少なくないと思う。そうそう詞ねえ~ Sex Pistoisの目覚ましがうるせえ~♫のあたりなんざ50代ロックオヤジはみごとにねぶられます。

 


あいみょん - 夢追いベンガル【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

このMV、2018年のツアーの一部(地名が判別する駅等の看板が映し出されるのは鹿児島と神戸三ノ宮)に85時間密着したモノを編集したモノとか。もう観ているだけでツアーの空気感、人のパワーのベクトルを感じることができて、ほぼ毎日見ている。特に鹿児島でのLIVEこんな手頃なハコでみることができたんだ!!この場に足を運んだ方々、この夜の出来事は墓場まで連れて行ける宝ですね。こころの宝石箱にしまっておいてください。鍵はかけなくてもOKです。モノではないので盗むことはできませんから。

 

 

あいみょん というサイボーグ♫を発掘した人も素晴らしい目利きだ。あいみょん 本人ではなく友達が投稿アップした動画がその関係者の目に留まったのがキッカケというのだから、世の中誰にどこで発見されるかわかりません。

 

そしてもっと遡れば、あいみょん のお父さんも素晴らしい。娘が音楽に目覚めたとき「ギター教室に通いたい」というのを、そんなん独学でやらんかい!!!!とかましたお父さん、あいみょん の才能に気がついていたのかもしれない。コイツは型にハメないで自由にやらせたら方が良いのかもしれない、と読んだお父さん、さすがです。動画で拝見しましたが、あいみょん ギターのコードネーム知らないのには驚きました。まあ最低限は知っているでしょうが、インタビューにギター抱えてこういうコード最近は気に入っています。とFmのコードを押さえているのですが「コレ、私コードの名前知らないのですよね~」って…..^^;

感覚で押さえているのでしょうね。独学でやってきたから、型にはまらず、またはみ出すことを恐れず、間違いに過敏に反応しない、コレで才能を開花に導いたのではないかと思う。

 


あいみょん – 生きていたんだよな【AIMYON BUDOKAN -1995-】

 

今頃になって恐縮ですが、この曲♫の詞に驚愕しました。^^;

とんでもない天才が現れてきたモノです。

なんとしても、なんとしても今の彼女をナマで見て、聞いて

みたいモノです。なんとしても.......💕

 

喰わず嫌いはいけません、毒でもくらいましょう、何か学びが得られる

ハズです。自戒の念を込めて..........