場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

女性の美はカネで買える現実をみました

以前京都地区を担当していたのがおよそ7年ほど前です。そのうちの5年は福岡に赴任していたので完全に関西を離れていたわけです。今回改めて梅雨明けしてまもないこの地のお客様を廻らせていただき、人は変化するものだという思いをより強くしました。特に女性ですね、見た目の変化はメンタルにも大きな作用を及ぼすということを教えていただきました。よく、形から入るといいますが、自分をその気にさせるにはまずは外見からと言われるのは、思った以上のプラス効果があるのだという現実を垣間観ることができました。


その方は直接の顧客ではありません。わたしが懇意にしているお得先S社のおけるトップ3に入るクラスのお客さまです。その社長さんGは、見た目もどちらかというとゴルゴ13のような強面です、体も肩が盛り上がった柔道家タイプで仕事がら日焼けした肌にオールバック、濃い眉にギラつく瞳が押し出しの強さを物語っています。建設関係という生業にピッタリ、一代でそこそこの会社に育て上げたいかにも昭和の社長といったタイプです。たまに私がS社にお邪魔する午後の遅い時間などは、G社長さんが次回の現場で調達する資材の打ち合わせに来ておられることがあります。G社長一人ではありません。必ず業務課の方を伴っておられます。女性の…事務の方です。この女性、腕のいい(?)交渉人であり、社長秘書であり、または愛人でもあります。まあ、こういうのはこの業界ではよくある話です。

 

このお方、仮にA美さんとしておきましょう。以前私が担当していた頃は、ハッキリ言って世間でいう“愛人”のイメージとは程遠いほどの容姿の持ち主、でした。まあ、これはどうしょうもありません。また誰しもがそうそう外見に恵まれてるなんてドラマの世界だけです。それは別としても…….なぜ?よりによってこの女性を?正直これは誰もが感じるギモンです。悪口ではありません…世の中にはいろんなヒトがいるなあ、奥さんあんなにキレイなのに、やはり人間美食が常食になるとお茶漬けも恋しくなるのだ、人は見かけじゃないんだ……等 酒場では絶好の肴です。実はこのA美さん、見た目だけではありません、仮に世界無愛想コンテストなるものがあるとしたら確実にメダル候補間違いありません。それにつけてバックについているのがG社長ということで、まあ業者をいたぶることいたぶること…値切ること値切ること、ただそれなりに大きなお金が動くということと中間に入るS社の顔も立てなければならないというジレンマに頭を抱えながら業者はギリギリの見積もりの提出を余儀なくされます。

まあ、必要なけれなしっかりと距離をとっておきたいお客というわけです。


ところが……
先日、S社が毎年催す小さなイベントに7年ぶりに参加させていただいた私は、そこでお会いしたG社長とA美女史の姿を拝見して、九回裏に逆転満塁ホームランを食らったピッチャーのように立ち尽くしてしまいました。正確には、S社の社員の方に教えていただかなければ、あのお二人だと気がつかなかったと言った方がいいでしょう。
まるで魔法にかけられたようにA美さんが変わられていました。パパであるG社長とはひと回りプラスアルファの年齢差はあっても、おばちゃん年齢には変わりありません。でも宝塚出身の女優のように人目を引きます…具体的には、まず顔中に点在(という表現でいいのか。。)していたそばかす、シミの類が綺麗に消え去り弾力性に富んだ肌はツヤツヤです。腫れぼったかった目元は黒木瞳もどきに、セミロングの髪はツヤツヤ…これほど変わるのかと驚きました。仕事中のため業務のユニホーム姿ですが、以前とは正反対、どことなく垢抜けています。噂によると芸能人御用達のその手のサロンに通った….とか。噂の域は出ませんが、費やした費用2000万あまりとか…^^;

 

見た目だけではありません。外見に自信がつくとメンタルも余裕で満たされるのでしょうか。以前とは比較できないくらい丁寧に挨拶していただきました。

 

それと対照的なのはG社長…ひなびた野菜のようにしおれておりました。鋭かった眼光は牧師のように慈愛に富み、恫喝まがいにうってつけだった地声は予備校の人気講師のように聞きやすくなっていました。案の上裏では色々な噂がまかり飛んでいます。

仕事柄、企画も携わっている私はジャンルを問わず“ネーミング”にアンテナを張っています。ここ最近、思わず『座布団1枚!!』と叫んでしまったのは『逃げ恥』です。(ドラマは見ていません….^^;) これよりかなり前ですが、心底うまい!!!と膝を叩いたのが『野ブタをプロデュース』です。

 

それを思い出した私は思いました。G社長はひょっとしてA美さんをプロデュースしたかったのではないかと。『マイ・フェア・レディ』『プリティ・ウーマン』のノリです。

f:id:kirinup:20170719190731j:plain

 

やはり人って、その一生で何かを創り上げ残しておきたい。生きた証を記したい。富む者であれ、そうでない者であれ、それは一貫したヒトとしての想いではないでしょうか。

 

もう一線を退いても何一つ不自由しない経済的自由を手に入れ、次に血の通ったヒトをプロデュースするといった目標も達成したG社長は、一時的な“燃え尽きた症候群”なのかもしれない、と私は考えます。でも天から“もう、そろそろいいころかな”というお告げが来るまで生きていかねばなりません。次は何をみせてくれるのか。小さくなったG社長にこれまでにない親近感を抱きながら、京都に来る楽しみがまた一つ増え、何となく嬉しくなってきました。

 

5年ぶりの我が家はムーミングッズに支配されていました。

福岡での単身赴任生活から5年ぶりに我家に帰り、早や2週目が終わろうとしています。我が家は妻と娘2人というコトもあって長い空白期間のうちに私の居場所は消滅していました。(TT)それでもこの2週間のうちにジワジワと陣地の拡大に励みなんとかホッとするスペースを確保することができました。(^^vマンションのローンも固定資産税も払っているのは私なのに、なんでこういう思いをしなければならないのか、という嘆きはこの際、封印しましょう。この程度のことはよ~く聞くことですから….)しかし自分にとっての城というのか、いわゆるカッコつけていうと書斎に憧れる気持ちがより色濃くなってきたことは確かです。広いスペースは必要ありません。

 

業務で足繁く京都に通ううちに極狭スペースに興味を抱くようになりました。路地裏のそのまた奥の院に軽自動車を止めているのを何度も見かけます。ここまでどうやって!!神のようなハンドルさばきと鬼のようなアクセル&ブレーキさばきの持ち主か、想像しているとそれがごくフツ~のおばちゃんだったりするのが京都なのです。畳3畳でいいから自分の好きなモノに囲まれたメンタルも身体の弛緩できるスペースの憧れてもバチは当たらないのではないでしょうか。

といろいろと妄想をしているうちに室内のテーブルクロスやなんだかんだ細かいモノがひとつのデザインモノに統一されているのに気づきました。

 


ムーミン!!!!!!!!!!!!!

f:id:kirinup:20170713153506j:plain

 

よく観察すると全ての部屋のテッシュBOXカバー、家族全員分のグラス、写真立てだの、その他こまごまとした小物類(本当にこまごま、ごちゃごちゃしたモノなのです)、全てムーミン!!!あとそこから派生したとおもわれるトナカイのマークの北欧モノ(?)のグッズ........参りました。

でも、改めてネットの世界で徘徊してみると、ムーミンって老若男女国籍宗教のボーダーなく世界中にファンがいるのですね、特に2014年はムーミン生みの親トーベ・ヤンソンの生誕100周年でワールドワイド的に盛り上がったみたいです。これほど愛されているキャラクターって思いつきません。わたしも小学生の頃TVで日曜日の夜放映されていたのを毎回見ていました。当時はアニメという単語がなかった時代です。^^;ストーリーを通して日本の漫画には感じられない不思議感が漂っていたのをかすかに覚えています。争いの絶えない時代だからこそこういうキャラクターが注目されるのでしょうか。これ……なんとなく私も引き込まれそうです。^^;妻や娘たちと共通のモノに共感を抱くモノって…ひょっとすると………初めてかも。^^;

↓ 壁もこのありさまです......

f:id:kirinup:20170713201948j:plain

下請けの運送便に激突!!!されました。

昨日から本日までAmazon PrimDayのようですね。また配達便がてんてこ舞いするのでしょうか。ちなみに私は購入するモノはありませんが。

九州と比べて大阪の交通量、つまり人、自転車、歩行者、原チャリがカオス状態で交差する交通模様に辟易していたところですが、ヤラれました。大阪市東大阪市の境目を南北に走る中央環状線にて信号待ちをしていたところ、運送会社の2トントラックに突っ込まれました、なんと推定50~60kmのスピードでしかも、ノーブレーキ、蹴っ飛ばされるような弾みで前方に押し出された私のフィルダーは、前で停車していたカローラに突撃するコトに。。いわゆる玉突き事故です。社用車カローラフィールダーは大破、私は幸いにも軽い打撲で済みました(今のところ)。でも、今後痛みが出るコトも考慮ししばらく様子見です。

 

しかし………日本、さすが!!です……..5分で警察官が到着、即、次のサイレンが近づいてきたかと思うと救急車が滑り込んできました。私と私が突撃したカローラのご夫婦が大事を取って近くの病院に搬送されました。その間に私はコトの顛末を会社に報告、たまたまそう遠くない顧客を訪れていた社の若いモンが現場に急行、私が連絡を取っていたJAFと連携し、レッカー車にてリース車契約をしているディーラーまで事故車を搬送してくれました。そうしている間に総務のスタッフが双方の保険会社と話を遂行し、その後私が運ばれた病院に駆けつけてくれました。とりあえず自己払いになるため多めの現金持参です。なんたる連携!! JAFのレッカー車も現場到着まで1時間を切っていました。尚、JAF会員は 現場から15km圏内は無料搬送です。今回の場合は指定のディラーまで18kmだったので費用が発生しました。ただこの事故は、100対ゼロにて相手の過失です。当然ですが。

特攻隊ごとく私に体当たりしてきたトラックは、昨今話題の大手運送会社の下請けとか。運転手も60歳前後のオヤジでボッーとしていたとか。💢本日謝罪に来た運送会社の配車係によると、言葉は濁していましたが過密配車気味とのようなことを漏らしていました。💢運転手不足の深刻さがこんなところにも現れています。これから暑さのピークです。クルマを運転される方、本当に注意しましょう。加害者、被害者共にいろんな意味で無駄な時間と神経とお金を浪費します。

私、と~うぶん、示談のハンコは死んでもつきません。事故当時の運転手の態度があまりにもなっていなかったからです。どういう風になっていなかったか? それはまたの機会に。

 

f:id:kirinup:20170711080504j:plain

バックウインド、ひとかけらもなく崩落 サイドのテールランプ、赤のカバーがすっ飛び中身むき出しです。

中身むき出しです。

7年ぶりにみた京都事情

5年間ですっかり馴染んだ福岡から関西に戻ってきて早2週間となりました。業務上の担当地域の一つに古巣である京都があります。新入社員の頃、足を棒にして顧客を訪ねたものです。まだ社用車が与えられていなかったのです。リーガルのウイングチップの革が現行の3倍ほどあったころの話です。当時のリーガル….馴染むまでの時間のかかり具合はハンパではなかったです。ただ手の内にしてしまうと、もう身体の一部でした。手放せなかった思い出があります。2足を交互に使い分け、底を交換しながら20年近く手元に置いていた記憶があります。

 

で、久々の京都担当…何はともあれ、クルマの運転が怖い!!!5年間の九州での生活で…狭い道路の通行に顔がひきつります。大学街とも言える京都は、当然学生さんがわんさかと住んでおられます。彼、彼女たちの足はチャリです。授業にバイトに街中を駆け抜けていきます。NYのメッセンジャー並みに突っ込んでくるヤツもおります。それと外国人の方々、私が以前担当していた頃からすると、観光客&長期滞在者含め肌感覚では10倍近い増加といっても過言ではありません。ほんの一部ですが『私が世界の中心!!』風情の信号無視、こっちがビビります。でもまあ両者とも運動神経&反射神経が研ぎ澄まされているのでしょう、うまくかわして去っていきます。

人の集まるところには、いろんな話があります。例えば不動産、今流行りの町屋風改築した小さな建売住宅、日本の方にはけっこうな需要があります。けど、アレはバカ高い!!大人の都合で詳細は避けますが、業者にとっては同条件の一般住宅の50%は利益率がいいのではないでしょうか。まあ、それでも欲しい方々は手を出してしまうのですが…

顧客の1社が二条城の目前に位置しています。こんなところに!!とたまに県外から訪れる方は驚かれますが、親の親の代からこの地に根を張り社業を営んでいる方々からしてみれば、目の前のお城も全くの日常にすぎないようです。新しいと思った世界も手の内に入ってしまえば、いつものことになってしまうのだと改めて思った次第です。

古都に夏を告げる風物誌祇園祭における花形、山鉾巡行が2週先に迫ってきました。今年は連休に当たるので例年を大幅に上回る人出が予想されています。おお、そういえば博多山笠も同じ週です。夏がそこまできています。

f:id:kirinup:20170705193926j:plain

事務所から一歩外に出ると観光客が記念撮影に興じる環境というのも

どうでしょう......

ゴミ分別が細かすぎて住みにくいと感じました。

なんのギモンも抱かずただ所有していたモノなのに、いざ手離してみるといかに自分とっての宝物だったのか気がつく。クソ田舎だとおもって飛び出した地元だが、ふとした時に思い出すのはあれほど嫌悪した故郷のことばかり…。あえていうなら今はこういう心境です。福岡を離れ地元奈良へ戻ってもうすぐ1週間です。心の叫びは、『あああ福岡に戻りたい!!!!!!!』です。

 

とにかく独りで気ままに過ごした5年間でした。面倒だとおもったこともありますし、フッと家族のことを思い出し気を揉んだことも多々ありました。けど、基本、気兼ねなく独りで優雅にくつろげました。ここにきて改めて気づきました。^^;
以前50代目前でお互い初婚で一緒になられた顧客が、若い奥さんを残して3年後に癌で亡くなった記事を書きました。いろんな要素が絡み合っているのでしょうが、その一つがストレスなのではないかというのが周囲の見解です。独りで気楽に気ままに営んでいた日常が他人と暮らすことによってガラっと様変わり。

まあ、そこまでは行きませんが5年間離れていて、いざ家族と合体してみると、まあ〜慣れないのか脳みそが疲れます。業務においてもしかり、担当地域である京都と大阪市内の人口密度にめまいがしそうです。そして京都の蒸し暑さ…..京の夏の風情であるお茶屋さんの川床も本当はじゎ〜と蒸し蒸しなのです。舞妓さんにお酌をされても背中は汗がつたっているのです。福岡の蒸し暑さは、京都・奈良に比べると1/4でしょうね。加えて大阪では毒まんじゅうのような関西弁の応酬。

 

疲れ果てて帰宅すると…マンション内のゴミの分別で妻から一言あります。私がまだ慣れないので、間違っている、そのゴミ箱プラスチック類専用だから、覚えてよ〜とチクッっとひと言言われる時間です。^^;とにかく奈良市はゴミの分別が細かい。ここまでする必要があるのか、というほど分別項目が多いのです。ゴミ袋の中身が違っていると収集車が持っていってくれません。どこの世帯から出たのか特定するためにゴミ袋の表部分のわかる箇所に部屋番号を書くことを求められます。

 

大まかに述べると、燃えるゴミと燃えないゴミの2種類でOK!だった福岡とは雲泥の差です。マナー無視のゴミ出しは論外ですが、嫌がらせのような分別の細分化もどうかとおもいます。住みやすさランキングの中にこういうゴミ出しの評価は…….ないでしょうね。^^

この環境慣れるまでこの夏いっぱいかかるかも…です。^^;

f:id:kirinup:20170614082139j:plain

更新されない....でも終わりではない。

私自身の更新がマメでないのですが、読者登録させている方々のブログが久しく更新されていないと気になってしまいます。忙しいのだろうか?ひょっとして体調が思わしくないのかも?ネット上だけのお付き合いながら、馴染みになるとどこかに緩やかな繋がり&ご縁を感じてしまっています。

小林麻央さんの『KOKOROブログ』に毎回目を通すようになったのは今年の初め頃からです。私も2年前に闘病した経緯があるので微熱、体のむくみ、食欲不振の辛さに共感することが多々あったことがきっかけです。毎回毎回読みすすめるうちに、何気ない日常への感謝、生あるものへの愛を改めて思い起こすきっかけになり、ジェイソンのハンドルネームで頻繁にコメントするようにもなりました。でも逆に読んでいるこちらが励まされ、優しさと勇気を貯金できることができました。

もう2度と更新されないブログ、寂寥感でいっぱいです。でも麻央さんの言葉は生き続けます。


小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

f:id:kirinup:20170124190915j:plain