場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。2015年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

日常に潜む気付きのヒント

ちょっとしたことで閃くことがある。他人からすると、「なんじゃ、それ?!」というようなことでも本人にしてみるとノーベル賞でも勝ち取ったような気付きということがたまにある。

 

今朝クルマでの通勤途中に、とある光景を目にした。あるオヤジが通り沿いの植木を剪定している。

 

なんてことない風景だ。私も今はもう誰も住んでいない家内の実家の植木を年2回剪定する。剪定自体は楽しい、剪定ハサミでチョッキンチョッキンとリズミックに刃先を動かすことが楽しい。問題はその後だ、散らばった葉先 枝葉の回収、これが意外にキツい。腰が痛くなる。で、枝が袋を突き破り外に飛び出るの

で、袋がダメになり、新しい袋を用意しまた最初から入れ直しということもままある。その際枝を再度2分割、3分割しなければならず、倍の手間がかかる。

 

そこで、通勤途中の風景に戻ろう。このオヤジ、一輪車を剪定する場所の下にセットチョキチョキとやっているではないか。切られた枝葉は自然と一輪車の中に、またその場にしがみつくように残った枝も、刃先で掃くように払えば真っ逆さまに一輪車行きとなる。

 

確かに場所によっては一輪車など使いにくいところもあるだろうが、そういう時はポリのゴミバケツでも十分用は足すのではないだろうか。一輪車に貯まった枝葉の中に剪定ハサミを突っ込み適当にチョキチョキすれば長い枝も短くできる。

 

一度枝葉を落としてしまうと、下がアスファルトの場合、路面の凸凹に葉が入り込んでしまい、履いてもと取りにくく困っていたのだ。若干屈んでの姿勢は腰痛を誘発し、辛いことこの上ない、といった状態だったのがこれまでの状況である。

 

 

来月、家内の自宅の剪定作業を予定している。今は両親とも介護施設に入所しているので空き家となっているが、家内が生まれ育った愛着のある家屋なので、最後の時までできる限り綺麗に保っておきたいと思っている。

 

一輪車を剪定場所に置いておく、か。関係ない人にとってはたわいのないどうでもいいことでも、悩んでいる人にとってはまさに神の暗示。

「ヒント」って生活圏もっと近くの足下に転がっているものなのかもしれない。

f:id:kirinup:20191017141931j:plain

こんなのなんてことないのだけど....^^:

インプットの秋になりそうな。

ギターの師匠が貯まりにたまったCDのごく1部を断捨離するというので分けていただきました。その数、う~ん2枚組や中には10枚組(!)というのも混在するのですが、約130枚といったところでしょうか。

代価として28,000円お支払いしました。1枚あたり215円、高いか安いか、そんなことよりもよく知るアーティストでも日本ではお目にかかれない盤もチラホラ。ほとんとがブルース、jazz,当然職業柄ギタリストがメインです。それにこういう、〝選択余地なしまとめ一発買い〟のメリットは既知外の音に出会えること。

 

書籍でも音源でも自分の好みで選んでいると枠内のモノから脱却することはないのではないでしょうか。

 

今回は2回に分けて購入しました。当初師匠が持参されたのは約80枚、アーティスト別に透明の袋に入れてきていただき、そこから欲しいモノをチョイスするというスタイルでした。で、選んだのは50枚。帰宅後これで当分音源には不自由しないなと満足感に包まれていましたが、↑のことを思い出しました。好みのモノ=自分にとって心地よい、ということは過去に最低1度はそれが自分にとっての「快」をもたらすということがわかっているということ。

 

それって、冒険していないやん^^;

 

本日外した盤の中にはひょっとして、これまでの音の常識をひっくり返すような起爆剤になり得るものがあるかもしれません。自分にとって心地よいモノだけを養分にしていると脆弱で薄ペラでコピペのそのまたコピペのようなモノしか生み出せないような気がします。別にプロじゃないのでそれで十分なのですが、やはり少しは毒がないとね。

 

すかさず師匠に連絡、「まだ処分されていないですか?よかった、それなら本日外したモノとあと手放してもいいなと思われるモノありましたら次回お願いします…」

 

で、プラス50枚新たに手に入れることとなりました。

 

師匠のCDを引き受けることになった要因の一つが標準のプラケースから専用のビニールケースに入れ替えてあることというのもすぐに決断に至った理由でもあります。なんと収納スペースが1/2で収まります。これはイイ!!!カミさんからゴチャゴチャ文句を垂らされずにすみます。

 

 

というわけで毎日聴き狂っております。B.Bキング アルバート・キング フレディ・キング シカゴブルースの父マディ・ウォーターズ ジョン・リー・フッカー  バディ・ガイ ブルース最高!!!!!!!!  特にジョン・リー ナマで見たかった………

f:id:kirinup:20191002222718j:plain

 

 

 ハードオフで物色していると、日本の流行りモノダンス系グループの音源って最終的には100円プラス税でヤケクソ売りされていますが、クラッシックとJazz 古いブルース系って価格下がってないですね。800円とか。(たまに500円コーナーにブルーノートレーベルの1500番代が紛れ込んでいるのでもっぱらそれを漁っておりますが ^^;)当然希少アイテムは当時の販売価格の何倍もの値段がついています。

 

師匠はこれを聴きまくっていたのですね、やはりどの世界でもプロってインプットが凄まじい!!!

 

よし、ついていくためにもインプットしまくるぞ~♫♫♫

f:id:kirinup:20191002222723j:plain

これ左右とも同じ枚数(20枚)です。

私所有のプラケースと今回譲っていいただいた

収納ソフトケースの容積の差がこれです。

強烈すぎる性愛本で雨宿り。

台風17号の影響で関西圏も天気が安定しない。時々吹きつける突風が夏の勢いから少し落ち着いた樹木の枝をくの字に曲げていく。低く厚い雲が命を持っているかのようにうごめく。余裕があるならどこか安全な場所で自然の天候ショーを見届けてみたいのだが、そうもいかない。

 

愛用の帆布カバンの中をまさぐる。ええ!折り畳みの傘を忘れているではないか!!ひと雨来る前に帰ろう。自宅から今いる図書館まで徒歩40分、軽いウオーキングにちょうどいいので、たまに足を運ぶ。折り畳みの傘など滅多に使わないから、カバンのスペースを広げるためにいつの間にか省いてしまったのかもしれない。緊急用にならないな………^^;

 

館内をサッと横切り自動貸出機の前に来た時、フッと1冊の本が目に留まった。そこは、本日返却された本を一時的に貯めておくスペースで、もちろん貸出可能だ。

 

「江戸の性愛術」 

 

朝日選書の装丁 今いる図書館 書籍のタイトルというこの3つのワードがうまく脳内で処理できずにしばし佇んでしまう。本の題名とあと2つが合わない^^;

だがカラダが反応した。すぐさま手に取りページをめくる。あとのことは、覚えていない。時間の感化が飛んでいる。棚と貸出機の前だったので邪魔になると思い一度移動したのを覚えているだけだ。こんなに集中したことってここ最近あっただろうか、オレもやればできるんだ。(意味不明?) ページをめくる手が止まったのは、なんと1時間半後であった。

スゲ~この本!!!! 

 

 

帰宅後アマゾンのレビューをのぞくと「こんな本が世に出ていいのか。。。。」との感想の方がいたが,

強く強く共感します。^^;

 

 

さあ帰ろうか、と本の影響の違いないクラクラする頭で図書館の出口に向かう。傘立てが目に入る。立てかけてある傘が10本ほど全てじっとりと濡れている。へえ~雨が降ったのか?外に出ると確かに道路が濡れており,というかあちこちに水たまりが浮いているではないか!!!!

 

「ああやっとやみましたね、よく降りましたね、台風のせいですね、傘持ってきてないもんだから、1時間半も待ってしまいました。こういう時に限って家に誰もいないものだから、迎えにきてくれないしね」閲覧席で前に座っていたよく見かける高齢の女性が独り言のように呟く。

 

聞けばけっこうなザザ降りだったようだ。ええ、気付かなかったの?そんなバカな、中にいても横殴りの雨音が聞こえてきたのに?怪訝そうな顔のおばちゃんにまさか「江戸の性愛術」に心奪われていました、とは言えんわな。

 

 

あのタイミングであの場所で、目に飛び込んできて、雨宿りの1時間半を20分ぐらいに感じさせてくれたって縁があるのだろうか。

 

春画というのですよね、あの手の絵は。生まれた時から高性能画像のH動画に慣れている若いヤツに見せたい、あの手の強調しすぎた画、頭にこびり付くと勉強どころじゃないかもしれない。

f:id:kirinup:20190923230928j:plain

雲が切れていました。充実すぎる雨宿り.....でした。

物欲との戦いというゲームを制す

 

一度でもAmazonで物欲対象品を検索すると、以降別のサイトを眺めていても「どうよ~コレ、お前が探していたコレ欲しいだろう?ホレホレ早くポチれよ!!」とばかりに催促画像が現れる。「検討することにしようと」その時は自分を欺いても、頃合いを図った頃にソイツは現れる。時間を味方につけ鎮火し呆気ていた物欲が再び呼び起こされる瞬間です。

 

そうそうあくまでその物欲対象品がないと困るとか、生活に支障が出るいった類の製品ではありません、主に趣味の品に限っての話です。

 

今回、エレキベースが欲しくなっております。^^;元々大学時代はギターからベースに転向していたので、多少の心得はあります。当時はほとんどルート音♫しか弾いてはなかったですが…^^;

 

恥ずかしながらJAZZギターをかじり出すと、あの4ビートのウォーキングベースというものが耳に心地よく、ギターでもベース音を紡いてソロやバッキングを成り立たせることはできるのですが、やはり本格的な低音への想いは募るばかりです。

 

時間の無駄とは知りながら、感情は抑えられません。「エレキベース」「Fender ベース」で検索をかけ楽器屋さんのサイトや関連ブログ、リサイクルショップ(具体的にはハードオフ)のサイトへの徘徊が始まります。

 

jazzベタイプかプレベタイプか、中古、新品、アウトレット ウェブ上での徘徊はつきません。静観してみると,こういうサーフィンしている時間って実にもったいないのですが。^^;

 

メインであるギターの練習さえおぼつかないのに、大丈夫か?本当に必要か?だったら安いモノでいいかと独りなだめを試みても、「いやいやどうせ手に入れるなら、Fenderのそれなりのモノを」

「しかし、それなりのモノならネットでは買う勇気なないよな~」

こうなると仕事をしていても脳内のどこかでミーティングが始まります。(この時は楽しいのですが)

 

この間も定期的なネットモールからの催促が途切れることはありません。もうすぐ増税!! 9月30日までの限定企画実施中!!!1点モノ早いモノ勝ち!!!! その煽ることアオルこと。。しかし、あまりしつこく言い寄られるのもなんですね、シラけるものです。ここらあたりの人間心理って面白いモノです。男性が女性に言いよる時と似ています。ある程度アポローチした後は、運を天に任した方がいいのではないでしょうか。そうたびたび来られても、けっこう冷めるモノです。このあたり熱心とクドさの境目、難しいですね、まあそこがセンスなのでしょうけど。

 

今のところ物欲との闘いには勝てています。この制御、特にストレスになるというわけではなく、結構楽しいモノです。自分の心のありようを異なる視点から見れているからでしょうか。いつまで続くやら。でも近いウチに手に入れてしまうかもしれません。買ってしまった時、それはゲームの終焉。しばらくは楽しみます。

 

ヤバい、先に教則本買ってしまった!!!!!! 

f:id:kirinup:20190915131409j:plain

 

 

顔相(がんそう)という鏡

「日産 西川社長報酬不当上乗せ」 帰宅するとテーブルの上の夕刊一面に踊る文字。

ああこれか!!なるほど!!!! 母は若い頃からよく人の顔相を見る。その結果、どうのこうのは母からは一切言わない。その影響かまたは血を引いたのか、私も最近は自然と気になる人の顔相をみてしまう。カルロスゴーン事件の際、毎日のようにTVで西川社長が映し出されていたが、どうも違和感がぬぐいきれなかった。

 

あれだけの企業のトップとしての顔相には思えなかった。それはなんなのか、私にもわからなかった、感覚だ。そしてそれは違和感としかいいようのない、例えばキリンはアフリカにいるべきであって、大阪の新世界にいるのはおかしいだろう、といった類の違和感だ。喩えがおかしいな….^^;。いや、新世界の隣は天王寺動物園だ。まあ、いいか。

 

あれから数ヶ月、昨日たまたまウチの若いやつ(K)と日産の話になった、(正確には日産スタジアムの話から微かに掠った程度だが)

なんのことは無いガンバ大阪の熱狂的なサポーターであるKは、先日ガンバの試合のため横浜まで足を運んだと言うのだ。

「ただ今回は日産スタジアムではなくて、三ツ沢スタジアムでした。 日産スタジアムって収容人数7万人ですよね、三ツ沢~はホント比べものにならないほど小さくて….1万5000人くらいですよ、確か」

 

「ゴメン、J1最近あまり追って無いけど、ガンバって確か今、下の方では? J2落ちってことも可能性あるの」

「まあ確かに下の方ですけど、ボクは楽観してますね、宮本監督、これからやってくれますよ、覚悟できてますから」

「覚悟。。。。。???」 それだ!!!覚悟がないんだよ!!! あの日産のオッサン!!!!

 

 

数ヶ月間微かに引きづっていた西川社長の顔相の違和感の理由が私なりに氷解した瞬間でした。

 

で、今日の夕刊記事。冒頭に戻ります。

 

あれだけの企業のトップとしての覚悟が瞳に宿っていないのです。株価連動型だがなんだか知らないけど、カンタンに不正操作が可能で、受け取る報酬を上乗せできるとか。数千万返上するといっているけど、あの最中によくここまで頭が回っていたね。求心力低下は避けられないだろうが、私はつかえが取れたようにスッキリしました。

 

全ては顔に出るのだ、瞳に宿るのだ。神さまはそういうふうに創造されたのだろうか。

 

人のふり見て我がふり直せ。自戒の念を込めて。^^;

 

最高難度のブラック経験者の天国職場行き

 

Aさんの社内の評判は協調性という尺度のみで評価すれば、5段階評価でギリギリ2でしょう。世界の中心はあくまで自分、過多なマイペース主義、とでもいうのでしょうか。

30代半ば、女性、独身、どんな時も自分の都合主義で飲み会等社内のプチイベントには絶対参加しません、しかしそれ以上に仕事ができるので、上からは認められては、います。お客様に対しても言い難いことも、けっこうハッキリとモノを言うのでお客として支配下に置いておきたい顧客にとっては煙たい存在ではある、と噂で聞いたことがあります。

 

当社に転職してきて早5年、独特のオーラで他の人を業務以外では滅多に寄せ付けないAさんに人間としての興味が湧いてきました。

 

いろいろ探ってみると…なんと当社にくる前に在籍していた会社が、今でいうBLACKの中のブラック、それこそ終わりの見えない漆黒の闇のような会社だったようです。まだパワハラという言葉が一般化する前の話です。不動産関係の企業らしいのですが、なんでも説教部屋と恐れられる部屋があり、主にのノルマを満たせない営業マンが時には半日近く聞くに絶えない暴言を浴びせられ、ラストには「この未達の埋め合わせは、○○月までに、命をかけて取り返しますぅ!!!!!」と高校球児のごとく宣誓させられるらしいです。

 

営業職ではありませんが、Aさんも何度かこの説教部屋で、もうこれ以上何も出ないというところまで絞られたことがあるようです。タスク必達のためなら休日出勤当たり前、もちろん手当は出ません。

 

 

激務が原因と思われる偏頭痛のため、退職、あれこれ職務遍歴を得た結果、縁あって当社に、というわけらしいです。そんな彼女にとって、当社は…それこそ天国らしいです。典型的な中小零細薄給企業ですが、地獄を見てきたAさんにとっては毎日が「お花畑」とか。

こういうのを見聞きしていると若いやり直しの効くウチにある程度過酷な環境に身を置いて鍛える(?)方が人生の免疫力が高まるのでは思った次第です。

 

そうか~ウチはお花畑かあ~ Aさん曰く「そうです!!!ラクで楽で仕方ありません、望むべくはボーナスだけですね~もう少しいただければ、ギネス級の素晴らしい楽園ですが…」

ふ~ん、そこまで言うか。そうなると逆にここまで育ててくれたその不動産関係の極悪ブラック企業に感謝の日々なのかもしれない。それはないか。^^;

f:id:kirinup:20180814114819j:plain

毎日が楽園らしい。