場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。2015年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

だいたい救急車呼ぶからいけないのです。*センシティブな記述あり*

「救急車呼ぶからダメなんですよ…」白髪混じりの髪が後退したため強調されたデコは昨夏の名残日焼けがシミ化している。同窓会のBBQで大酒くらい草むらで寝てしまったそうだ。片付けが終わる頃目覚めると全身蚊に噛まれまくっていたらしい。

 

「だからですね、下手にみんな救急車呼ぶからダメなんですよ」

〝じゃ、どうするんですか?自力で病院まで這っていくのですか?〟

「そんな気力も体力もないでしょう、そのまま逝くのですよ」

〝いく? 死ぬってこと?〟

「そうです、もうそこまできているということはダメなんですよ、だから自然の刹那で

滅びるのです、なにも余計なことをせず。下手に救急車呼んでその時は助かっても、それから入院、場合によっては後遺症残るでしょう。よく街角でも見かけるではないですか、片足引きずるように歩いている人、それと車椅子の人、私は自分の足で歩き、食事をし、ウンコを垂れ、生きていきたいです、それができない時は、もういいですよ、そこまでして生きたくない、救急車🚑も呼ばず、そのまま逝きます。病状によってはのたうち回るほど苦しいでしょう、そりゃ病によっては死ぬほど苦しいでしょう、当たり前です!!死に向かっているのですから、悪性病巣が身を切り刻んでいるのですから,激痛で意識飛んでそのまま逝くのもいいでしょう….」

 

前回の記事のRさんと仕事をしたことがある同業のM氏と話し込んでいたことの時だ。話の核がいつの間にか死に方ということになってしまったとき、彼は上記のように主張した。

 

まあ40代半ばで独身万年係長その酒癖の悪さは周囲も承知の通りだ。(年齢とともに幾分穏やかになってきたようだが)それ故仕事上のやらかし話は枚挙にいとまがない。ただハマるととんでもなく大きな案件を取ってくる、プラス新規開拓にも独特の嗅覚を持っており、会社の方もそう無下にできないとの噂だ。私は仕事以外のよもやまに関して彼独徳の持論展開が好きでよく話したりしている。

 

 

「ジタバタし過ぎなんですよ!!! そうなったのも自業自得、誰も彼も往生際が悪すぎる、私は定年になったら毎日浴びるほど酒飲んで肝臓をズタボロにしてそのまま逝くのも人生だと思っています。好きなように生きて好きなように苦しんで逝きます。どうせ家族はいないも同然なんで。まあ多少後片付けなんかで周りに迷惑かけますが。墓なんかいりません、死んでしまったら関係ないので」

 

少し乱暴だが別に人の道に反していないのではないだろうか。大体医療なんて高貴な方々しか受けられない時代、具合が悪ければもう覚悟するしかなかったのだから。

 

ただ、面白いものでこういう人に限ってとんでもなく長寿だったりするのが関の山なのかもしれない。

神さまは案外気まぐれなのだ。

 

死ぬなら季節を選びたい。

「単身赴任なんです...」と自社以外の仕事関係者には通していたが、実際は離婚して独り身だったHさんが亡くなってちょうど2回目の春。いつもはAM8:00には出社している筈が9時をを過ぎても出社しない、緊急でお客様に向かうという連絡もなし、スタッフが連絡しても会社支給のスマホに応答がない。本社に出向いている所長に連絡を入れると単身赴任経験者で自身危ない経験があるN所長は開口一番すぐ見にいけ!!と叫んだとか。今は管理会社でも勝手にに入れないので警察立会いのもと恐る恐るドアを開けたスタッフが見たものはベッドルームとキッチンの間で冷たくなっていたHさんだった。

 

検視の結果寝る前もしくは就寝中すぐに発作に襲われたとか、枕元のスマホに手を伸ばし部屋のあかりを付けようと少し歩き出したところで力尽きたらしい。現場に立ち会った部下のR君からその時に様子を聞き出したのは1周忌の後だった。

 

ほんの数十秒だなあ、それ、人生最後の景色は明るんだスマホの画面だったのか........40数年間を振り返る時間ぐらい与えてやってくれよ神様。いろんな想いが頭をよぎるが勝手な妄想の範疇内でしか止まらない。案外本人は幸せだったのかもしれない。歳とって萎びる前に行けるぜ!!!整理してないので後の人は大変だろうけど.....それぐらい許して、と。

 

「独り暮らしって、怖いですね」

〝まあね、特に歳をとってくるとね、気ままで自由だけどリスクもある、背中をかきたい時は孫の手を使えば済むが、見えない手の届かない場所にバンドエイドやサロンパスの類を貼る時には苦労する〝(⇦体験談)

「よく独り暮らしの人が猫を飼っているのってペットを訓練して、そういうときの備えなんでしょうか」

〝動画でありそうだなあ、それ〟

 

湿っぽくなる話をジョークでかわそうとする私に付き合ってくれるR君、いいスタッフに育ってきたよ、Hさん。R君、思い出してやることが一番の供養だから、桜が咲く頃には思い出してやろう。お互い死ぬなら芝桜の咲き揃う季節がいいよな、R君。

 

「秘すれば」イケメン

約半年ぶりのマスクを取ったTくんを思わず凝視してしまいました。「ええ…?」思わず発しそうになる心の声を噛み殺しながら。

中途入社でウチに来てちょうど1年の彼Tくん。30歳手前の独身イケメンだ。うん、いや確かそうだった、涼しげでありながらその強い光から意思の強さを思わせる瞳、手入れされた眉毛、彼はまた声が渋くてお得意先の女性陣は誰もが彼と電話で話したがった。

 

昨秋よりずっとマスク着用、風邪をひくと引き摺る体質なので絶対ひきたくないとの理由だった。昨年の初夏から秋にかけて我々は彼のマスクなしの姿を毎日目にしていたハズだ。でも今こうして半年ぶりに現れた顔の半分下を目にしてみると二度見しないわけにはいかない。どこがおかしい?シャープさの微塵もない…..なんかこう間延びした面構え、ええ?なんで? う~ん、バランスなんだな。

 

マスク😷着用期間約半年、我々な勝手にマスクで見えない部分を妄想し、都合のいいように組み立てていたのだ。文章でいうとプロの書き手のようにワザと隅々まで表現せず,余白を読み手に想像させるように持っていくあの手法と共通している。

 

う~ん、こういうとこにも「秘すれば花」は生きているのだなあ。

 

Tくん、君は期間限定のイケメンなんだね。

性癖は引き継がれるのか?

 

馴染みのコンビニで100円コーヒーをドリップしていると、マシンの上に最近貼られたらしい手書きの張り紙を発見しました。

「シュガー及びミルクを余分にお持ち帰りすることはお控えください」

なるほど、こういう人どこでもいるのだな。聞けば特定の人だとのこと。。観察しているとそのうちのもっも酷い一人(ご近所中年女性)は飲むのはブラック一杯なのに、シュガーステックとミルクをそれぞれひと摑み(!!!!)持ち帰るとのこと。

しかも大体2日に1回のペースで来店!!ええええええ!!!!これは厳しい!!!もう「損害」と言っていいレベルじゃないですか?まあコンビニで何千円も使ってくれるなら………大目に見る、ということもありえるかもしれませんが。ちなみに他の持ち借り常連組(他に3人ほど特定済み)は大体3~4個余分に持ち帰るとか。

 

これまたよく行くガソリンスタンドで見かけた張り紙です。「スタンド内のウエスはお持ち帰りにならないでください」

そこでスタッフに聞いてみました。てっきり洗車後の拭き上げ用のウエスをそのまま持ち帰る輩に困っているのだと思っていたら、「まあ、それもありますがね、給油後の車の給油口拭き上げ用のウエスを持ち帰る方がいるのです、まあウエスの最終形なのでいいのですが、なんかこう持ち帰られるのが気持ち悪くて」

 

ええ!!!給油口のチョイガソリンの溢れ滴を拭うアレですか??おおお、確かにスタンドウエスの最後のご奉公ではないですか。

 

スタンドウエスの周回、想像するに。。。事務所机用→洗車後車内用→ボディ用→ホイール用→給油口用。こんなとこでしょう。最後までたどり着いたそれって黒ずんだタオル生地自体がもうスカスカ状態のはず。

そんな(まさしく)ボロ雑巾盗むヤツいるのか?盗んでどうするの?

それはもう欲しくて困っていて手に入れたいのではなくある種のクセですね。癖です。盗むこと自体にゾクってする快感を伴うから、快感ということをを強調するならもう性癖のレベルですね。

 

これって後天的な性格ではなくて性質のカテゴリーのようですので引き継がれるのではないでしょうか。そういえば人のモノを欲しがるヤツっていますね。で、四苦八苦して手に入れては、すぐにポイする。モノなら済ませられても、欲しいモノが相手のパートナーとかだったら、それこそ事件性に発展しかねません。

背徳感を味わいたいなら、妄想の中で済ませましょう。誰にも迷惑かけませんから。

 

*タイムリーなことにピエール瀧被告が保釈されましたね。なんと20代のことから使用していたとか.....果たして断ち切ることはできるのでしょうか。

新しい時代に奪われる命

twitterをながめていたら、保護犬が紹介されていた。言わずもがな里親を求めているのだ。毛色は赤みがかっているが立った耳といい芝犬の血液が混ざっていると思われる中小型のソイツは乾きかけのボンドのように目ヤニがこびり付いているが病気からくるものでなないとのこと。丁寧に拭けばキレイになるらしい、なら写真を撮る前に拭き取ってやって欲しかった、正直。怯えたような悟りきったようなレンズを見つめる目、犬好きの私はとても凝視できない。

 

というのはソイツの命の期限が4月1日と書かれたのを目にしたからだ。ええ?4月1日!! おいおい!! 

 

午前9時半     有識者による「元号に関する懇談会」で意見聴取

午前10時20分頃  全閣僚会議での協議を得て

午前11時半頃   菅官房長官が記者会見で新元号を発表

                                                                      とおそらく1日朝から晩まで新しい元号に関する話題で埋め尽くされる1日となるだろう。

 

 

新しい時代のスタートとなる1日、コイツは命の期限を迎える。人の都合で。

 

映画「運び屋」〝家族の記念日は絶対に忘れるな!!〟

C・イーストウッド 1930年生まれ、とか。えええ!!もう驚愕しかない!!!ボケるどころかこの作品の監督、主演なのです。とにかく小学生の頃から観ているスターが今もこうしてスクリーンで、しかも主役で観られる、ピックアップトラックを堂々と運転している姿のカッコよさ!!! ウチの親父よりひとつ上です、オヤジ、しゃんとせえ!!!

 

〝何より大切なのは時間だ〟よく言われるコトだがこうした長い人生経験豊富な大スターが言うと重さが違います。

〝100歳のことを考えるのは99歳のヤツだけだ〟 そう先のことを考え過ぎずに、今この時を懸命に生きよう!!と改めて思わせてくれた、沁みた映画です。でも家族の記念日を忘れないように!!^^;

 

エンドロールに流れる音楽担当♬のArturo Sandoval  のトランペット🎺シビれます。

 


クリント・イーストウッド監督・主演『運び屋』特報