場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。2015年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

隠し(小)資産(?)はどこに(笑)

先週の週末,ひと足お先に実家の両親を連れて墓参りを済ませた。

驚いたのは、オヤジの認知症が加速していたことだ。

もちろん、まだ家族の一人一人は認知しているし、人様に迷惑をかけるといった

無茶なことはしない。

ただあれほどカメラの撮影や海釣りにとアウトドア派であったオヤジが

今はほとんど外へ出ようとしないことには、ここまで変わるのか、と愕然とした。

認知症の症状である表情のなさも若干増した気もする。なんせ全てが受け身,TVをみている

だけの毎日だからどうしようもない。

 

ところで

現役時代から、国内株を少しやっていたのだがそれは、全てオフクロが引き継いている。。。

確認はした。(表と言っても、、、、、ホントたいしたことはない^^;)

ただ、表のソレと同時にもう一つ明らかのしていない裏の口座があった気がするのだが

それはどうしたのだろうか?知る限りタイトルにした「資産」等いうには恥ずかしい金額だが

まあいい小遣いにはなる金額だ。推測の範疇。

 

裏の存在をオフクロは知っているのだろうか?表口座はオヤジがこうなる前、自らオフクロに託したのだろうか。それとも将来のことを考慮し、裏を廃止全て表に組み込んだのだろうか。

オフクロがいない時を狙って、しらっとオヤジに問うてみた。

「わからんな。。。。」

ガックリ、こうなっては、もうダメだ。

 

猫って最後の時には、自ら悟って姿を消すことだとか。偉大だ。

人生で困ったことは、死ぬ時がいつかわからないことだ。自分で幕を引くことを除いては。

(いろいろ今話題になっているが)

ん?そもそも生まれてくること自体が自分の意思ではない。ということはコントロール

できるのは自ら存在しているその時だけだ。

 

着地点を設定しなければダメだ。いつまでも頭脳のコントロールができるわけではない。

災害の時の心理と同じく自分は大丈夫👍これは通用しない。

大丈夫なウチに準備しよう!! 天国か地獄か そんなものもない。死んだらそれまで。

物体として消滅するだけ。

 

こんなことを気にするのも、ウチとは比較対象にはなり得ない、莫大なお金を残して

亡くなられた方々を営業という仕事柄たくさんみてきたから。。

 

死んだら終わりだ。

 

オヤジはそれを示してくれたのかもしれない、ありがとうオヤジ。

 

ハードオフで至福を①

新しいユーザーに向かう途中道を誤った。

ナビに頼りすぎて思考が停止していたのかもしれない。

左折しなければならない道を直進してしまった。

 

まあいい、打ち合わせの時間にはまだかなり早い。

 

しばらく進むとハードオフの看板が。

おっ、💕大好き

 

寄って行こう。

 

ギターをメインに楽器をパトロール

 

ジャパンビンテージと呼ばれる80年代のグレコアリアプロ

レスポールが目に付く。

 

店舗によって箱物系が強かったり、比較的高級機材が揃っていたり

それぞれの特徴があって面白い。

 

で、CDコーナーに、まあまあの品揃え。

 

ふと棚の最下段に目をやる。

 

同じシリーズモノと思われる円盤がズラーと整列している。

その数大まかに100以上!!

 

え~~~~~~~ブルーノートレーベルの復活版シリーズではないか!!!!

 

 

全て新品!!!!!! 1枚あたり 税込み550円 ちなみに定価は1500円(税抜き)

 

 

このシリーズ他の店舗でも手に入るが、リサイクル品で大体550~700円程度で

販売されている。こちらのは新品で全て550円(税込)

 

 

実はブルーノートレーベル復刻版は密かに集めている。

 

 

というわけで躊躇なく2枚をチョイス!!!

 

ケニーバレル「Mid Night Blue」

ケニードゥーハン「Aflo-Cuban」

f:id:kirinup:20200715132720j:plain


1,100円で至福の時を堪能できます。

わたし、幸せのハードル低いです。^^v

 

道、間違えてよかった。

今も水道水をごくごく飲んでます。

そういえばここ最近、かっての如く浄水器ビジネスの話を効かなくなった。

業界の展示会では、水道水の恐怖を煽るため過剰な演出とも言える

パフォーマンスが行われていたのを思い出す。

確か水道水で満たしたコップの中に食パンを浸しておくと数時間後には

よろしくないことになっていたり。

で、みなさんはこんな水を日々飲まれているのです……そこで弊社のコレ

をつけると…手慣れたトークで聴いている人の脳みそにそっと語りかける。

あの人たちどこに消えたのだろう。

 

毎週末のように新聞折り込みに見られたオール電化家電促進のチラシ

最近ほとんど目にしない…….

昨年災害時下の不自由さが露呈してからだろうか。

 

 

ぶっちゃけ売り込みに来るのって、最終ユーザーのためより

自分たちの都合が優先されているような。。。。

 

 

求められるのはウラと先を読む目利き力かも。

福の神と同じマンションに

元気でやっているかな。と思っていたら、LINEが来た。

ホントどこかで監視されているかのようなタイミングの良さ。

 

相手は同じマンションの上の階に住む80歳を超えたおばあちゃん、Tさん、

そのお歳ながらスマホもそこそこ使いこなす。

元フラダンスの先生であったTさん、今も頼まれてあるフラのクラスをみているようだ。

フラの関係で始めたウクレレ もすぐに上達。歌が得意!!!

とにかくジャンル関係なく音楽大好き!!!!

 

そのあたりがツボで,話が弾み仲良くなったが、それだけではない

なんせこのTさんの言った「人間最後は、、、、呼吸です!!」の一言でそれまで全く

経験のなかったトランペットの世界にワタシは引きずり込まれたのだ。

あの時はこうだった。

少しだけ経験があるらしく、ワタシの前でピッピ~とマウスピースを鳴らすTさん。

ワタシといえば、ヒーヒーと息がもれるだけで、ビクともしない。

あの日からもう2年近いだろうか。

 

今はギターと共にもうなくてはならない大事な道楽となりつつある。

新しい世界をに出会えて楽しい。ワクワクが止まらない。

 

 

それからも2~3ヶ月に1回ほどのペースで、マンションの玄関であったり

遊びに伺っていたが、今年に入ってからは、すっかりご無沙汰していた。

 

LINEには、動画が添付されていた。(80歳でよくここまでできるなあ。。。。)

イタリア空軍が、ニニ・ロッソの演奏する♫「夜空にトランペット」をバックグランドに

乾いた青空の中を飛行している動画だった。Tさんからの説明は特に書かれていない。

 

 

なんだ、コレ???

 

あっ、そうかこの曲♫できるか?できるようになったか?ということだろう。

初めて1年半、まだ無理だろう、高い音でないし。

 

 

だが、待てよ。練習時間は決して多いとは言えないまでも、必ず毎日息を入れて来た。

試してみよう!!!たまたまだが(これも不思議?)譜面もある。

 

 

クルマを出し大型スーパーのパーキングへ。

そう、悲しいなが、車の中で練習しております。TT

ロングトーンの基礎練を済ませ。

 

譜面を広げる。。。。

 

 

いざ!!!! 

 

 

ええ、初見だからところどころつかえてしまうが、なんとなるぞ!!!!!!^^V

 

 

 

もっとも高い音が上のGだ。

 

 

何度かチャレンジを繰り返す………………………おい、イケるぞ!!!!!

 

 

まあ、いっぱいいっぱいだから、音自体は、いただけない。^^;

コレはブラッシュアップしていけば、もっとよくなるだろう!!!

音域を広げるとか、具体的な課題が見えてきた。

なんせトランペットといえば、(ある世代からだが)デフォルトとも

言える曲、なんとも嬉しい。チャレンジってワクワクするぜ!!!

 

 

またもやTさんに導かれた!!!!!!

 

コレからもついていこう!!!!!!!

Tさんって、ワタシにとっての福の神かもしれない。

 

運気って何?の問いが本当にある本。

記憶も定かでない頃からすると3回ほど死んでいる。病と事故でだ。

幼少期の大病とバイクでの事故と2015年の体調不良による入院、

3回ともなんとかギリギリで何かに導かれるようにくぐり抜けてきた。

本当に今ここでこうやってたまにアップするブログなど書いている

自分は運があると思う。またそう信じるようにしている。

 

お金持ちにはなれなかったが(今のところ^^;)チャレンジしがいのある

道楽には不自由しない。

仕事の内容自体はイマイチでも、そこから力になる種々のことを学んで

実践できている。時間を忘れるほど没頭できることがあるのが楽しい。

 

仕事がら様々な経営者を見させていただいてきたが、

すげえ~と思ってしまう方はごく一部。

ただ、その方々に共通している一つのことがある。逆境、逃げない。

ホントにピンチをチャンスに変えている力をお持ちである。

重ね重ね、イマイチのトップとどこがどう異なるのか、

という疑問を抱いてきたがこの本でほとんど、まあ割合でいうなら

90%ほどは解決できた。運ってそういうことかい!!!!!

 

 よくある自己啓発ハウツーものとは別モノ

 

ワタシも今回のコロナなおかげて、計画を根底から仕切り直すことができた。

もう今の住まい(郊外のマンション、準急の停まる駅から徒歩10分圏内)

を売却しクルマを持たず都心の小さめのマンションに住みかえることを

計画していたが、コレ撤回!!!!!!

今回のコロナ騒ぎで人の密集地帯のリスクが炙り出された。

1年遅くコロナが流行していれば、危なかった!!!

すでに都心の小さめマンションを手に入れていたかもしれない。

 

今回の件で根本から仕切り直しだ。都心ダメ 住むのダメ!!!(

 

ナイスタイミング、オレもわずかなれど持ってるぜい!!!!!!

まだまだ磨くぞ!!!!

 

いい波がきた。

長年従事してきた業界の潮流が大きく変化しそうでワクワクしている。

自らなんの変化もせず過去の資産に乗っかって、保身のことした頭になかった者にとっては、

四面楚歌かもしれない。

 

逆にガタイは小さくとも変化やリスクを恐れずトライを繰り返してきたモノにとっては

自分史最大のチャンスだ。映画「パピヨン」のラストシーンのように数十年に一度来るか

どうか分からない波が足元に来ている。

 

ここで飛べるかどうか……

 

亀が首を伸ばすように安全地帯の中からキョロキョロ周囲を窺っているだけのヤツは論外。

穴の外はもっと刺激に満ちているハズだ。

 

自粛解除されても、外では密は避けましょう。^^v

f:id:kirinup:20200523140547j:plain

コツコツ剪定に害虫駆除があって花開きました。

残念ながらウチではありません、ご近所です。^^;