場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

これはご加護なのか?

寒風の中で水をかけられたような気分になりました…契約解除….この言葉が脳裏をかすめました。長いこと同じ業界でメシを食っているのでいろんな修羅場を体験してきております。「もう来るな!!」と本当に塩をまかれたこともあります。ただその時は“なぜそんなにすぐ塩があるんだ?”と意外に脳みそは冷静でしたが。^^;でもやはり、苦労して自分が開拓させていただいた顧客を場合によっては失うかもしれない、これはツライです。これから先永久にこちらとは取引させていただけない!断腸の思いまさに背水の陣状態、この寒いのに背中を汗がつたいます。

 

契約の納期に間に合わない、今回の込み入った話を一言で申しますと契約の納期に間に合わない、これであります。製造の遅れ、検査過程のまごつき、そして運悪くこの時期における配達便の遅延、いろいろあります。でも最終的に窓口は私ですので、全責任は私にあります。

 

こういう場合の週末は、楽しめません。仕事とプライベートは割とすっぱり切り離すほうですが、今回だけは頭のどこかで常にこのことが居座っています。ところが実家に戻り父母の顔を見て、まだほぼ学生時代そのままにしてある部屋に入り、ギターの練習を始めた途端、吹っ切れましたー。ベストを尽くしてダメだったら精神誠意謝罪し、またご縁があればよろしくお願いいたします。とだけ言って帰ってこよう。


そして本日朝、なんとなくいつもより早く目覚めてしまい、週初めだし早く出社しようとクルマに乗り込んだ途端に社用のスマホが激しく反応しました。“だれ?早いなあ”なんと製造現場からでした。なんと製品がなんとかなりそうだとのこと。

そしてなんとかなりました!!!ギリギリで納期に間に合いました。頑張ってくれた協力工場に感謝です!!!工場長に詳細を伺いましたが、ありえないくらい偶然がいくつか重なって……とか。

 


これって!!!一之宮出雲大神宮のおかげでしょうか。しかし不思議です。信じない信じるは別としてなんらかのご加護があるのでしょうか。でも、浮かれません。日々淡々と成すべきことを積み上げていくだけです。慢心せず。

 

 

joegai.hatenablog.com

 

パワスポになるかどうか様子見です。

丹波国一之宮出雲大神宮
この神社を初めて訪れたのは3ヶ月前です。この神社が位置する京都府亀岡市へはどちらかというと足取りの重くなる案件で出かけました。要はクレーム処理です。よくあることです。まあクレームの中から新しいヒントとなることも多々ありますので。ただ中には激しくゴネられる方もあり、難しいところです。逆に腕の見せ所ではありますが。


業務は拍子抜けするほどスムーズに片付きました。相手も素直に使用方法の不味さを認識してくれました。
その帰路です。まるで何かに惹きつけられるように山沿いの神社に向かいました。もちろん初めて訪れる神社です。予定していたわけでもなんでもありません。ポンッと降って湧いたような思いつきです。なのになんのためらいもなく、まるで通い慣れた道を進むが如くクルマを走らせました。

第一印象は山の麓の水に恵まれた神社とでもいうのでしょうか。詳細は省きます。

f:id:kirinup:20171130101914j:plain

縁結び!!

一通りお参りを済ませ京都市内に向けアクセルを踏みました。

それからです。どうもさりげなくフォローされているような気になるのです。仕事上のちょっとしたミスも腐らずにこなしていると若干のプラスになり形を変えて戻ってきてくれたりします。そのときには気づかないこともありますが、少し時間をおき冷めたアタマで振り返ると結果オーライではありますが、無事コトがおさまっていたり。まあこの手のことは後付けでどうとでも取れるのですが。


昨日京都市内の顧客訪問を終えた後、少し足を伸ばし再び亀岡市を訪れました。迷わずへ出雲大神宮へ。
2回目なので余裕を持って境内を散策することができました。なんとこの神社あの出雲大社とは別法人らしいですが、日本一の縁結びらしいです。主祭神大国主命(おおくにぬしのみこと)と三穂津姫命(みほつひめのみこと)

神社等を写真に撮ると15%運気が下がる、との珍説(出どころは、大好きな作家・伊集院静氏のSNS目的で食べ物を写真に撮ると15%味が下がるです^^;)の支持者ですので、購入したお守りだけおさめておきます。

2回目の訪問からもうすぐ1週間です。信じる者はなんとかではないですが、ふっとした時になんでしょうか、例えるなら見えないバリアに守られている感がするのです。物理的なモノではなく気持ちの上でプラスα、余裕というよりも余白といったものでしょうか。

今後どうなるのか,静かに&楽しみにしていきたいです、でも浮かれず、頼らずを貫きます。

 

f:id:kirinup:20171130101920j:plain

15%パワーダウンしないでください!!^^;

超地味ながらブルーオーシャンの業界

トランプ大統領ではないですが確かにGOLFは仕事で使える、の信望者であります。相手のことを知るにはこれほど適したゲームはないと思います。ここ5年はどうしても断りきれないお仕事コンペだけに参加しておりますが、かっては結構利用させていただきました。なんでしょうね〜醜いところもさらけ出した同志だと普段なら硬く閉ざしたままの心のうちもフッと垣間見せてくれたりするからでしょうか。それもまあ、こいつは吹聴するヤツではないなと相手が認めた場合だけですが。


つい先日そういう類のコンペでした。大きく括ると同業者ですが、カテゴリーを細分化すると異業種かな、という方々が寄り合う集まりです。私たちの組は3人でした。一人は旧知のCさん、そしてもう一人は初めてご一緒させていただく方である生産材のメーカーの取締役Aさん。

で、早速私めがひどいところを晒してしまいました。アウトの一番なんでもないミドルホールで、なんと10!!!パー4で10です!!!この日は未明から雨で山中にあるこのコースは朝の冷えが濃霧となってコース一面を覆っていました。そのためスタートは30分遅れ、寒さでてはかじかみ体もまわりません。なんせ練習もしていないので、過去の影響はどこえやらバンカーを渡り歩くこと2回、挙句の果てにこのスコアです。
まあでもこんなものです。練習しなくてもそこそこ回れる、そんなに甘くはありません。
続く2番のミドルホールも9!!こりゃ迷惑かけまくりかな〜と打ちひしがれていたところ、私が足を引っ張ったんでしょうか。Aさんも、なんと空振り!!!それから乱れ始めました。

相変わらず濃霧は治ることを知らずコースを隠します。ティーショットも待ち時間が増えます。スコアにこだわる方々ならイライラする場面ですが、そこは所詮遊びと割り切っているオヤジ同士なので、まあこんな日のもあるだろうと。こういう素晴らしいコース(晴れていれば)で楽しめるのも健康であるから、このひとことから病気談義に火がつきました。(よくあります)聞けばAさんも大病経験者とのこと。旧知のCさんもガンからの復帰者だけに、このチーム,病人組やんけ!!!すっかり旧知の仲です。


Aさんの仕事の話を興味深く聞かせていただきました。

実は、ほぼ独占で新規参入がないこと。たとえ参入があってもとっとっと退散していく。相手が代理店の見積もり等でも単価を安くし、下をくぐってきても、「ああ、単価だけならそっちを採用してください」と言えること。そのときばかりは取られても次回からは必ず(100%!!)戻ってくることがわかっているとのことです。そしてイメージというものは恐ろしいモノです。一般的にAさんのところが製造している製品って、相対的に「安いモノ」と思われてること。喩えると輪ゴムとか…。だからもうそれ以上値切ってきません。ところがコレ以外にも利益がある。製造においても機械化ができない部分があり、そこがミソとのことでした。それで持って消耗品なので残るということがない。地味すぎてほとんどの方は気づかないニッチな製品ですが、知らない人はいない。製造業の必需品!!あるのですね〜こういう業界!!

常に価格競争に晒されるている超レッドオーシャンの当業界からすると羨ましい限りです。
しかし、それってラクすぎて特にA部長の仕事ってないではないですか!!とツッコミましたが、それはそれで海外からの模造品のチェックやら大手ユーザー対象の特注品に対応したりとか色々あるそうです。

 

う〜ん隣の芝生はよく見えるのでしょうか。

 

芝刈りの方ですが、ハーフラスト3ホールはボギーぺースとやっと体が起きた出しました。よし、後半で取り返そうと決意も新たににしたところ、主催者より
「濃霧でスタート遅れ、このままだと後半ホールアウト前に日没は確実なので、ハーフで終わります、申し訳ありません」とのこと。

至極残念な結果となりましたー ハーフのスコアー、なんと病人チーム全員60台と病み上がりらしい大叩きで終わりお開きとなりました。いい季節、晴天でのグリーン会談再会を誓いお別れしました。
目立たないところで役に立ちながら、しっかり利益はキープできている、こういうの目指したいです。

 

f:id:kirinup:20160625185158j:plain

隣の芝は青々と見えるのかも...







 

“このハゲぇ~~~~~~~”ここから始まりましたー

“このハゲ~!!”“ちがうだぁろう~” 自分のオツムを意識し始めたのは、あのお騒がせおばさんの怒声がTVから流れまくっていたこの夏場ごろからです。画面から流れる録音された罵声とあの顔に気分が悪くなり、TVをオフにしようとしたところ
“おとうさん、最近少なくなったね”ソファに座っている私の後ろを通りがかった娘でした。
立ち上がろうとした私の頭頂部に、もっとも気にかけているまさしくその部分に刺さるかのような尖った言葉が降ってきました。実は先日実家の母にも言われたばかりで、少し気にかけていたところでした。
手鏡を右手で後頭部にかざし洗面所の鏡に映った手鏡を凝視すると……地肌が透けて見えます。明らかに命の次に大事な資源が失われています。

この日から、そのテの言葉に敏感になりました。謝りたい人がいます。


ちょうど、もう10年以上前、高校時代の同窓会で育毛にすでに300万使ったと言っていてUくん、
“あきらめてスキンヘッドにしたらいいやん”
“300万!!!!!おまえ大丈夫か、これからツルちゃんでいいやん”
滅びゆく大事なモノを守ろうとして懸命だったのですね。
好き放題言ってごめんなさい、今より確実に10歳若いころなら傷ついたことだと思います。今なら、今ならUくんの心情痛いほど察することができますよ…


友達のできない人、顔がデカい人、体臭がないかと気にかけすぎる人、異常に体毛の多い人、体じゅうのいろんなパーツが大きいまたは小さいと悩んでいる人、結婚したくてたまらないのに出逢いのない人、子供のできない夫婦、背負った奨学金に押し潰されそうな人、給料の少ない人、休みの少ない人、有給の取れない人、ギャンブルから抜け出せない人、何が自分に向いているのかわからない人、仕事が決まらない人、ブログが続かない人、いつもロクでもない異性に惚れる人、立て続けにつまらない交通違反で捕まる人……ツラく泣き出したくなる気持ちはその当人にならないと絶対にわかりません。

 

「寄り添う」なんて言葉、軽く口にすべきではないなあ〜と痛感した次第です。

f:id:kirinup:20160403171640j:plain

 

シンプルすぎる貯蓄術

 

1年で軽く貯蓄100万ってことは毎月8万ちょいの積立…それと別に実家への仕送り3万とか。食事はきちっと取っているのでしょうか?大丈夫みたいです。いたって元気です。我社の関連会社で働くベトナム人Mくん(25歳)の1ヶ月の大まかな収支です。

手取り  150,000

貯蓄    80,000
仕送り   30,000
寮費    5,000
昼社食   8,000(1食 400円)

残金   27,000

27,000円で生活されています。これでじゅ〜ぶん賄えているそうです。

会社の方で工場の敷地内一角に建てられた空き倉庫の2階を社宅として改築しました。もちろんキチッと許可をとってあります。2段ベットを別にしてスペース的には一人分4畳半程度とか。そこがMくん達の住まいです。風呂は工場内施設にて使用可とか。
休みの日も特に出かけることもなく日本語の勉強を兼ねて図書館で過ごすことが多いようです。日本でお金を稼ぐことが目的なので特に街中で遊びたいと思わないようです。それよりも至れりつくせりの日本の図書館にぞっこんのようです。就業規則の関係で年明けに一旦帰国します。
「ゼヒ、アソビニキテクダサイネ」ベトナムは今時11月がベストシーズンなのでしょうか。「ソノトキハレンラククダサイ、パソコンカッテキテクダサイ オカネオクリマスカラ」彼らにとってはまだまだ日本は夢を実現できる国みたいです。

欲望を掻き立てる仕掛けをうまくかわしながら自らの理想を追う、言うのは簡単ですがスマホの画面からだけでも広告が雪崩のごとく襲ってくる昨今、全くブレないMくんを素直に素晴らしいとおもいました。しかし25歳手取り150,000円で1年で100万貯めるとは....。

 

f:id:kirinup:20160919170015j:plain

 

これから必要なもの。

秋の繁忙期もようやく一息つきました。“2週連続土日休み無し”は、さすがに私の年齢ではキツイです。しかも週末土日の展示会が両週とも台風の影響を受けました。長年このインフラ系列の業界に携わっていますがこういうアクシデントは初めてです。できるだけ製品を濡らすわけにはいかないので搬入搬出には、いつもの倍ほど気を使い、心身ともに芯からくたびれ果てました。追い討ちをかけるように月末の処理&会議….疲れMAXかと思いきや、以外にもこなしております。長年の経験の蓄積によって、抜く脱力するタイミングが染み込んでいるようです。かっての野球部体験者がオヤジになっても、それなりに動き自体をショートカットしてこなせるようなものでしょうか。

 

でも、今回の逆境をはね除けるレベルの売り上げを確保かというと…う~んどうでしょう、今一歩と言ったところでしょうか。まあ、天候の影響も数ポイントマイナス要因ではあるのですが。ただまあお客の反応からいうと。。。ただそんな中もっとも追い風なのはデンキですね、この場合、電機、電気、電器全て含みます。

 

オリンピック関連ですが、あと1000日ということで今後ますます本格化するでしょう。上物が建ってくるといよいよ私どもの出番です。しかし、コレかなりの突貫になるのでは……。(^^;;

 

そこで仕上がり時の検査です、検査。神戸製鋼、日産、そしてすばる、この時期に世間を騒がせる事件が噴出したのもなにかの因縁のような気がします。俗にいういい職人さんが首都圏に集められています。「いい職人」いわゆる腕の立つプロです。例えば建造物の設置。できる人と否では雲泥の差。不思議なモノでITでは感知できない世界が未だに存在するみたいです。見えていない場所を見越す能力、過去のデーターそのものが存在しない世界で先の先を見透す眼力が求められるようです。

 

昨今物体としてのモノ(物)は、分け隔てなく手に入りやすくなりました。今後はこれらを使い続ける上で欠かせないメンテナンス、水先案内人となるパートナーを選ぶアンテナの感度が良好に保たれていなければならない時代だと痛感しました。

命を託すかかりつけのドクター
安全な食品の供給先
車を所有しているなら頼れるメンテナンス業者
持ち家の方なら住居のドクター(電機・ガス・水道・家屋)
趣味の世界なら正しい努力をするためのアドバイザー
老後のことを包み隠さず相談できる人
…..etc

これらは全て自力で見つけなければなりません。別の方にはベストでも自分には合わない、ということも度々見聞きします。またこればかりは不思議ですがお金をかければいいモノに巡り会えるといったモノでもありません。そのあたり誤ると心の欲をみすかれ虎の子を巻き上げられたりする例は枚挙にいとまがありません。馴染みになっても固定は避けたいところです、疑うワケではありませんが時には検証も必要です。学び続ける、背景を見抜くセンスを磨く。拡げすぎた感の人脈と身の廻りを棚卸しする時期がきている。そう感じた次第です。

 

f:id:kirinup:20160224201511j:plain