場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

いつの時代も秘すれば花

 

このブログとやらでそれなりの収入を得ようとすると…仕事以外の時間の大半を割かなければならないのではないでしょうか。世の関心を呼びかつオリジナルのコンテンツがたんまり貯蔵されており、それなりの文章能力があり、ネタ探しから、惹きつけるための構成、アクセスの解析やら、なんやら…それらが好きでたまらない、そういう人しか生き残れないでしょうね。

このはてなブログ内にて何十人か読者登録させていただいておりますが、この半年で今現在更新が途絶えてしまった方が2~3人ほど見受けられます。別のブログに引っ越しされたのか、wordpressにて新境地を開拓されたのか、わかりません。どこかで新たな地で続けていてくれればいいのですが。


収益化???私の場合は、ハナからそういう思考回路は持ち合わせておりません。無料ブログのままですので気楽なものです。他の趣味に没頭しており余暇の時間の大半を割きたいのです。人生の残時間から逆算してもその方がこれからの人生に張りが出そう(現に出ている)なのです。更新も無理しません。字数もサッと目を通していただけるよう1000~1800字の範疇に納めています。何人かの方に読んでいただけるだけで満足の器が満たされています。


僭越ながら去って行かれた方についての特徴を思うまま記してみると、しばらく(3~4ヶ月)続けられてから何やら共通のマイナス要素が見受けられました。

それは……全てをさらけ出しすぎる、天下の宝刀も抜きまくり状態なのです。つまり無理している状態です。もう、いっぱいイッパイ、コレ、続きません。息切れ状態です。謎めいた部分を少しでも残して欲しいです。“このコンテンツ、この文章、このインプット量、何やって食ってる人だろう、いつ書いているんだろう”

その点書評、映画、商品紹介ブログは待っていればネタが漂ってきてくれますがライバルが多すぎるのではないのでしょうか。よほど人と違った視点を持った上でのモノの見方か、ホラーオタクや特定の役者や監督に特化したブログ、もしくは書き手がそこそこ名の知れた方でないと、“オマエのオススメがなんぼのもんやねん!!!”になってしまいます。また相談ブログも相談されるほど書き手が著名でないと話になりません。

 

この人と付き合っていれば、まだまだ何かが出てきそう〜、そういう期待感を抱かせながら、キチッと満たすところは満たす。記事の質を落とさず更新が途切れない(毎日更新という凄まじい方もいらっしゃいます)..........コレ、出来る方はビジネスでも成功される方だということを信じて疑いません。日本的会社というシステムに合うか合わないかは別にして……。


せっかくのご縁で読んでいただいたり、読ませいただいているので長く続けていきたいものです。
“お前がエラそうなこと、言うな!!!!💢”

”ごもっともです。”^^;

f:id:kirinup:20160324212433j:plain