場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

大分県1泊2日リーズナブル紀行(いや、業務です)

昨日今日と最後の大分出張に出かけました。いや~大分の方々は情が深い、私が今月いっぱいで異動になることを本気で残念がってくれます。ありがたいです。

超特急で業務を済ませ『中津唐揚げ』で有名な県北の中津市へ。リーズナブルでどこに宿泊しても部屋模様が同じ(この安心感、おまけに中津店は駐車場代は無料)東横インにチェックイン。この時期の九州は18時なんてまだまだお日様が元気です。窓から差し込む初夏の日差しが眩しいです。そんな中バスタブに湯を張り、ひとっ風呂。これぞThe至福。

さっぱりした後は、大分県を担当するお得先のS氏と待ち合わせホテルからちんたら歩きで3分の『二十八萬石』へ。一度記事にしたあのお店です。

 

joegai.hatenablog.com

 

シャッター通りと化した典型的な地方駅前のアーケード街ですが、1軒だけ人の出入りが絶えない居酒屋があります。誘蛾灯に誘われる昆虫のように地元の人々がドヤッと集います。秘伝のポテサラを筆頭に湯豆腐~鳥モモ揚げ~焼き鳥5~6本~ししゃも~げそ焼き~後は忘れました…(^^; アルコールは2人でビール大ビン3本…(風呂上がりはビンビールです!!)で一人あたり2,000円ちょうど。もちろん税込です。居酒屋なのに22時閉店。田舎なので。でもここ地元の皆さまの聖地みたいです。

f:id:kirinup:20170602185142j:plain

(オヤジたちの夜は、このポテサラから始まる...)

 

そして本日は別府へ。もちろん地元の方々の憩いの場、公衆温泉へ。今回は10号線沿いの『日の出温泉』へ。わかりやすい名前です。入湯代なんと 100円!!!

f:id:kirinup:20170602184918j:plain

昼前の時間....番台は無人です。お金を投入する箱があるだけです。まるでお賽銭箱。

シンプルすぎる湯船。でもこれでいいのですね、地元の人のとって温泉なんぞ日常の一部に過ぎないのですから。

 

f:id:kirinup:20170602184956j:plain

貴重品入れるロッカーなんてあるのかな?という心配はご無用です。脱衣所と浴室が一体です。^^;湯船に浸かりながら自分の着替えを置いた棚が丸見えです。近所の人が小銭しか持ってこないのでこれで十分なのでしょう。女湯側から小さな子供さん連れのお母さんとご近所のおばあさんらしき方々のユルッとした会話が聞こえてきます。時刻は午前11時。

日の出温泉

大分県別府市浜町22−10

0977-23-6780    

営業時間:6:30~12:00 14:30~深夜0:00  駐車場 無料:5台くらい

入浴料 100円

回数券 20枚 1400円

洗髪  1回 40円

洗髪回数券 20枚  700円

 

 昨夜S氏が別れ際にボソっとつぶやきました『大分市内にも串カツが絶妙なお店があるのです、もちろん私の行くところですから、ウソ!というほど安いのです…』やはり大分は、1泊2日では足らなすぎます。