読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

映画『すばらしきかな、人生』

突発的に映画を観たくなり金券ショップに走りました。シネコンにダッシュするのではなく、まずは金券ショップです。💨イオンシネマのチケを1200円で手に入れ、最寄りのイオンまでハンドル🚗を握りました。

 

観たい作品は決まっていますが、時間的制約があります。クルマにて30分〜40分で出かけることができるイオンが3か所あるので、ベストタイムで鑑賞できるイオン福岡大野城店までハンドルを握りました。

 

この作品です。

邦題『素晴らしきかな、人生』 原題『Collateral Beauty』


映画「素晴らしきかな、人生」公式予告編第1弾非公式日本語字幕

 

年齢せいもあるのでしょう、前回の記事でもそうでしたがこのところ人生に関していろいろ想うところがあります。高校時代のクラス会でも、すでに亡くなった方がいたり、悲しいことに子供さんに先立たれた方がツラい人生を歩んでおられたり。反面、人生100年時代の到来が現実になるにつれ、長生きすることによって誘発される不安=お金のこと等、直視すべき現実が目の前に横たわっています。若干乾き気味の心が無意識にこの手の作品を欲したのかもしれません。あ、大事な事を忘れていました、ナオミ・ハリスが出演しているというのが大きな理由です。

 

確かこのタイトル『素晴らしきかな、人生』ってふる〜い白黒映画にもあったのではないでしょうか。

 

素晴らしき哉、人生! ジェームズ・スチュワート ドナ・リード CID-5011 [DVD]
 

 あ、ありました、素晴らしき哉、と邦題は「かな」が漢字になっておりました。

原題は『It's a wonderful life 』こちらはそのままです(^^; 1946年作!!とか。あれ、あらすじをチェックしてみると、あれ!!舞台はニューヨーク、クリスマスイヴ!これ、今回と同じです。ってことは2017バージョンには、オマージュ的な意味もあるのでしょうか。

 

私的には、2017バージョンの邦題が主題と少しズレていないかな、という感想を持ちました。

ちょっとネタバレ、です。

テーマは ‘愛’ ‘時間’ ‘死’ 

この3つのWordを入れてみてはと思いましたが、う〜んちょっと重いでしょうか。

 

土曜日の夕方ですので、少しは混雑するかと予想しておりましが観客は私以外に5人、私の部屋にでも入る人数です。(^^;   上映中ラスト付近で鼻の奥がツーンときましたが持ちこたえました。

ナオミ・ハリスも美しい!!!ですが、NYCの景色にも目を奪われます。また、久しぶりに訪れたいものです。

 

今日は3月11日

‘愛’ ‘時間’ ‘死’ 我ながらピッタリの作品をチョイスしたものだと思っています。