読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

メキシコ工場の行方は...

メキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領、男前ですね!!50歳だそうです。個人的に見方によってはイケメンサッカープレイヤーのロナウド選手に似ているような気がしています。そういえばカナダのジャスティン・トルドー首相も若くてカッコいいですね。我が国….よかったです、まだ、マシです、175cmらしいし。押しもまあそこそこ……ですかね。前政権のどじょうおじさんでなくてよかったです。世界中の人が注視しているのですから、容姿でうんぬんとは言いませんが、せめて上に立つ人は存在感のある人物であってほしいものです。

 

トランプ大統領とペーニャ・ニエト大統領との初めての会談がブッ飛んでしまいました。おまけに国境の壁建設の費用を払わなければ、メキシコからの輸入品の20%の関税をかけると息巻いているようです。最終的には、どこか両方のメンツが立つ着地点に落ち着くでしょうが。(ビジネスマンなら筋書きを書くでしょう)

ただ悪い場合もイマジネーションした場合、世界を代表するエレキギターFender社のメキシコ工場はどうなるのだろうかと、興味を覚える趣味領域にて考えてしまいました。


Fender社自体は、メキシコ生産もUSA生産もブランドとして区別は行っておらず、あくまでFender 社内でのアメリカ工場(カリフォルニア州コロナ)とメキシコ・エンセダナ工場(ババ・カリフォルニア州 エンセダナ)という色分けです。明確に別ブランドとしているのはFender Japan(日本でのライセンス生産)のみです。Fender社内でのメキシコ工場の立ち位置は、例えるならトヨタ自動車の本社工場と北九州苅田工場という関係です。まあ確かに格としては、本社工場の方が上ということでしょうか。ブランドにうるさい日本人だけみたいです、3つの暖簾に分けているのは、Fender USA メキシコ  Japan この順は、製品価格の序列でもあります。


ところで親分が吠えている通り、‘メキシコからの輸入品に20%の関税’が実行された場合、メキシコ工場製の製品の値上げはありうるのでしょうか。もしそうなった場合、余波が避けられないかもです。現地の人々にとってはフェンダーの工場で働くということは、名誉なこととも聞いています。その勤勉さは本家工場をも凌ぐのでは、とのこと。

過剰なまでの保護主義は、キケンです、しばらくはボスの言動、行動要注視です。

 

 

 

 

 ⇧これ、欲しいです!^^;