読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

トランプネクタイ

生き残り論 暮らし

NAFTA見直し、TPP交渉永久離脱、オバマケア撤退、トランプ大統領就任早々大統領令にサインしまくりです。これまで時間と予算と人員をかけて練り上げてきたでろうであろう一国としての決定事項をわずか数秒ほどのサインでチャラに戻しております。サイン後の「Great things!」のカメラ目線がまた芝居がかっているのですがその突き進み方まさに馬車馬のごとく,です。私のこれまでの人生で見聞きしてきた政治家の当選後の動向とあまりにもかけ離れているだけに、いい悪いは別として、トランプ大統領が古き良き時代の西部劇のヒーローとダブって見えます。人心掌握に長けています。

 

 初っ端に恫喝しておいて、相手が怯んだらどこかで落としどころ(自分に有利な)を見つけるって古典すぎて、B級香港映画でも最近は見られないのではないでしょうか。そういう相手にまだ大統領就任まえに挨拶に高級ゴルフクラブを手土産に会いに行くどこかの国のトップもおりました。ウチのような零細下請け企業が元請け親会社の新会長に挨拶に出向く(上納金持参で)どこも構造は同じですね^^;


実はこの時の手土産のGOLFクラブ、一体何を持って行ったんだ?と気になっておりました。極私的にはダンロップのゼクシオかと思っていましたが、どうやら噂では本間ゴルフのBERES S-05 の最高級グレードらしいですが、どうなのでしょうか。本当だとしても、これだけだと話題にはなるとしてもそう売り上げには影響はないと推測します。やはり松山選手あたりが使用しているとなると話は別ですが。

 プレゼントされたのはこいつの最高級グレードで50万とか...

 


それはそうと実は私も、来週のプレゼン用にとトランプ大統領にあやかり赤単色のネクタイを新調しようと紳士服売り場に足を運んだところ、結構品薄なんですね~これが。手頃な価格の品がありません。たまたまだったのかもしれませんが。高額なのは求める気がサラサラないので、それならと100均に出向いたところ(品数がバカ多いメガ店舗です)なんと赤系全て全滅!!!!!!!!驚きました。^^; まあ持っている無難なレジメンタル柄で間に合わせます。

 

ここ数年私は1年の半分はノータイです。それこと足ります。ネクタイ業界はどうやって生き残っているのでしょうか。しばらくはトランプ大統領のネクタイ柄に注目が集まるのではないのでしょうか。業界は少しでも追い風として利用してほしいものです。生き残るということに常に興味しんしんのオヤジからのささやかなエールです。^^