場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

華さん食堂

この晩夏~初秋にかけて招かざる客、台風に日本列島は相次いで翻弄されました。被害に遭われた方々が気の毒でなりません。秋の収穫時期に農産物も打撃を受けています。私も自炊しているので、食材の値段には敏感にならざるを得ません。

 

10円~20円でも積もれば10,000円になるのです。10円、20円どころではありません、玉ねぎなどは同量でもこれまでと比べ100円近く高い。玉ねぎ..カラダに良いとされている私にとっては決して欠かすことのできない食材です。1回の買い物で100円の差は年間通して比べると概算2万円弱くらいの出費になるのではないでしょうか。食材という固定費の単価アップは痛いです。それ以上にダメージを受けているのは、生産者の方々なのは言うまでもありませんが。


そいうえば、これから絶好の旬到来のさんまも水揚げ量が少ないとか。原因は海水温の上昇で漁場に現れないこととニュースで聞きました。困ったモノです。これを聞くと猛然と食べてみたくなってきました。そこで近くの“華さん食堂”へ。

 

入荷が限られているとのことでしたので、ひょっとして単価も高め(普段は税抜200円)かと覚悟していったのですが、さすが“華さん食堂”!消費者の味方。
単価は据え置きでした。ミニごはん(軽くお茶碗1杯~小食になったものです)とさんまに卵とじで、ワンコインでお釣りが20円。お財布にやさしいです。

 

頭の部分を取ってそのままかぶりつきました。満足...といいたいですが....う~ん期待したほど脂がのっていなかったです。たしかに見た目も貧弱。この秋に獲れたモノではないようです。まあ、仕方ないですね今の状況を考えると。命をいただいているのに不満が浮かんだ自分を戒め、おいしくいただきました。
今食べている食材が自分を造っている、そう想うと与えらえていることに感謝です。

f:id:kirinup:20160921083704j:plain

小食になったモノです...。