読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

鹿児島の絶品漬物

話しの発端は盆に奈良の実家に帰省したときのことです。母から『仕事で鹿児島いきよることあったらコレ、絶対買ってきて!! 別に鹿児島でなくとも南九州の道の駅なら扱っているみたい...』と一枚の包み袋を渡されました。

 

包み袋のオモテには『麦味噌清』『上園の手造り純赤みそ造り』とあります。近くに住む鹿児島出身の友人から頂いたものとかで、母曰く『妙なクセもなくなんとも言えない素朴な味で...』
とのことでした。母は漬物好きで自慢のぬか床でつくる漬物は、息子の私がいうのもなんですが絶品です。特に夏場のなす、きゅうり、瓜の漬物は芋焼酎の肴にドンピシャです。その母がいうのだから、そこそこ美味いのだろうなあとおもいながら頭の中でスケジュールを括ってみると、8月末に鹿児島のお客さまに伺う予定となっており1泊2日の出張となりました。

 

30日は、大隅半島鹿屋市にて仕事をこなし翌31日鹿児島市内入り顧客数軒にて用件を片付け早めに上園食品に向いました。ナビで検索すると鹿児島隼人道路の隼人西インターから7キロほどの場所と表示されました。福岡への帰路若干の寄り道程度で済むキョリです。

 

隼人西インターから一般道へ下り錦江湾沿いの道を東へ右手に桜島をみながら走ります。これがまた気分爽快、いつみてもどっしりとした桜島は、気分を穏やかにさせます。イヤなことや、細かい心配事などどうっことナイと思えてしまう、そういう包容力がどんなヒトをも惹きつけるのでしょう。

f:id:kirinup:20160901185358j:plain

東北の台風の余波か少しけむっております。


近くまできて少し迷いましたが無事上園食品に到着、倉庫の人の挨拶が気持ちいいです。“ココいい会社だな....”直感でわかります。事務所の方もすぐ出てきてくれ丁寧に応対していただきました。で、目指すものを手に入れました。

f:id:kirinup:20160901185542j:plain

 

 

ここからの帰路は約4時間余りのドライヴです。SDカードにこってりと納めている’70年代~90年代のROCKをBGMにマイペースの安全運転で福岡まで楽しみました。

 

帰宅してさっそくいただきました。本当は包装袋に書かれているように少し冷やしたほうが美味しくいただけるようですが、待っていられません。私は食事に塩分制限があるので(1日 6g)3~4切れにしましたが、若い頃ならこれだけでごはん3杯はいただけますね。週末だけちょこっとお酒をいただきますので、楽しみにしておきます。麦味噌...他の漬物よりそう塩分は気に掛けなくてすみそうなのが嬉しいです。

f:id:kirinup:20160901185707j:plain