場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

ここでも人口減問題が。

f:id:kirinup:20160509081753j:plain

恵まれた練習場


ひと月先に仕事上のGOLFコンペが予定されています。20年ほど前、この芝刈りゲームにのめりこみお金も時間も使いました。少ない貯えをやり繰りし、自宅のある奈良県の格安コースの会員権を手に入れ競技にも参加、オフィシャルHC13までいきましたが、突然熱中度が急降下↓。以降この6~7年は今日までお仕事GOLFのみです。当然練習もせず、スコアも100~110の間で低ゾーンで安定しています。これくらいのスコアだとコンペの表彰式では、参加賞程度しか該当しません。目立たずひっそり隅の席で“早く」終わらんかなあ~”と時計ばかりみておりました。

 


でもこのところたとえ会社の経費で落ちるにしろ、貴重な時間を使うのですから、楽しく充足感を感じたいとおもいカラダをならす程度にボールを打ち始めました。さすがにプロゴルファーを多数輩出している九州。練習場の環境がバツグンです。
昨日訪れたのは『博多金の隈ゴルフヒルズ』AM9:00までの入場で座席料がかかりません。無料で使えるバンカー練習場も完備。大阪あたりではなかなかみることが
できません。あっても有料でしょう。

 

 

せっかくいい環境にいるのですから、もっと活かそう~とこころに決めました。

 

しかし、なんで私がまたお仕事コンペに参加しなければならないのか....バリバリの若手に出て欲しいのが本音です。けど、その若手自体が少ない、結局はソコです。その少ない若手の中からGOLFに興味を覚えるヤツは、コレまたほんの一握りです。GOLF場も閉鎖があいついでおります。旧態然とした会員制度、時間のかかるラウンド(途中のごはんはいりませんよ、個人的には)プレー料金、GOLF業界も見直すべきところが多々だとおもいます。