場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。昨年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

リサイクルショップという受け皿

不要(?)なデニムを売りに出す

増えに増えてきました、リサイクルショップ...チェーン形式の大型店から個人運営のお店まで。地域によってはクルマで3分ほど走ったところに最近開店したショップもみかけます。


人口減なのに大丈夫かと余計なお世話をしてしまいますが昨今は外国人観光客を当て込んでかとおもわれるオープンも少なくないみたいです。けど...いずれは始まるっでしょう一時の歯医者さんか、コンビニのごとく生き残りをかけた淘汰が。

 

 

昨日は、福岡も最高気温が20度近くまで上がり、私も久しぶりに布団を干しました。
それと同時に、しっかりとはきこんだ4本のデニムも洗濯機に突っ込み、お天とうさまに晒しました。

夜帰宅し取り込みました。日光を吸い込んだの洗い立てのデニムいいですね。でも、この4本とはこれが最後です。明日(今日)リサイクルショップに持ち込むと決めていたからからです。


所持するデニムが8本、決して多くはないです。でも4本あれば充分です。
モノあまり増やしたくないし、断捨離ではないですがすき間がある方がここちイイと単純におもったからです。

f:id:kirinup:20160318194549j:plain


zara が2本に G-starが1本 Edwinが1本です。

ずばり予想は1本100円です。結果200円が3本に 100円が1本 で買い取り額20%アップ中とのことで140円プラス合計840円となりました。


お店の検品用机の上に視線を走らせるとedwinをのぞく3本がひとつの山にまとめられていたので、edwinだけが100円という買い取り価格だとおもいます。

 

 額は小さいけど、倍の差額がつくのだなあ、と消耗度を別にしてもブランドの持つ意味というものも考えてしまいました。本は何度もbookoffに持ち込んだことがあるのですが、衣類は初めてでした。

当初の買い取り予想価格よりよい結果になると、たとえ金額は小さくともうれしいものです。