場外乱闘、もあり。

50代中小企業崖っぷちのオヤジです。2015年体調を崩し長期入院。カラダもギリギリ。土俵際、俵に足の親指1本からの逆転を目指します!!

相性について~あいみょん 編

相性というもの、例えば生姜焼きには豚肉、ビールに枝豆見たいなもだろう。 ビジネスにも当てはまる、いまや誰も彼もお客として取り込む時代は終わった。 相性といいお客だけと付き合い、価値を提供していく時代だ。 いまいち相性の悪いお客と付き合うと、対…

それぞれの人生~あいみょん 編~

暮れなずむ大阪城ホール、なんだかんだドタバタしながらも当日を迎えた。 あいみょん SIXTH SENSE STORY Tour 2019 ~2020 追加公演の最終日。 人、人、人凄まじい数のオーディンスが繰り出している。 ファン層の幅広さに驚愕した。 小学生から70代ぐらいか…

成せばなったぞ~あいみょん チケ編~

次のツアーではダメなんです!!!今のツアーSIXTH SENSE STORY 2019 コレでないと。大人になりきる前のまだ尖ったみょんがみたい!!!!!~死ねぇえ~と叫ぶ、暴れるみょんをみたい、♫sex pistolsの目覚ましが~♫と綴って70年代ロックオヤジをいたぶり、かもめを…

アンコールはバッハ♫で。

2月4日は読売日本交響楽団の2019年度大阪定期公演の3回目でした。 19年度の大阪定期公演はコレで終わり。 初心者には難解と言われるマーラーの中でもとっつきやすい交響曲第1番ニ長調「巨人」が今夜のメインプログラム。音楽を聞くのに難解ってどういうコ…

2020/2/1のやましたりな

5日間続いた関東遠征を無事終えたばかり、その疲れを微塵も見せないやまリーのバスカーに足を運んだ。梅田グランフロントでのバスカー、ここがやまりーのホームなのだろう、MCでは見慣れた顔に囲まれホッとすると。なるほどホームとはそんなものか.........…

喰わず嫌いの罪~あいみょん 編~2

今の私にとっての応援songがコレだ。この疾走感、そして歌詞がいい、現実に空回りし孤独にさいなまれ自暴自棄になりながらも明日に向かって突き進む詞中の主人公に自分自身を重ねた方も少なくないと思う。そうそう詞ねえ~ Sex Pistoisの目覚ましがうるせえ…

喰わず嫌いの罪~あいみょん 編~1

2016年ごろからその人を舐めたようなひらがな5文字を目にするようにはなっていた。が、名前があいみょん、てっきりきゃりーぱみゅぱみゅみたいなモノだと思い込み歩みよる気持ちも起こらずしたがって音源も聞かず、それっきりになっていた。加えてその頃は…

やましたりなの「やりましたな」というLIVE♫

やましたりなのやりましたな、という言葉遊びのようなややこしいタイトルのついたライブ♫に足を運んできた。聞けば今夜のライヴが11月の全国デビュー後初のワンマンライブだという。このやましたりなというシンガーソングライター、実は知ってからまだ2ヶ月…

結婚に人類進化の過程の一部を垣間見た

令和元年8月に結婚した上の娘が旦那と新年の挨拶に帰省した。旦那とは同い年、付き合い期間は2年と聞いていた。まあ、それはどうでもいいのだが…… ロクに料理のできない(と思っていた)&整理整頓の意味がわかっていない(と思い込んでいた)コイツにはた…

大阪桐蔭高等学校吹奏楽部は凄いぞ!!!

オイオイ、なんだこのクォリティは、ディズニシーのアトラクション並みではないの!!!! さすが大阪桐蔭!!!!うわさに聞いていました、ありゃすごいわ、と。数えきれないメディア露出と賞の受賞はダテではありません。 大阪桐蔭高高等学校吹奏楽部サンタコンサ…

数字を味方につける

この春以降数字にこだわっています。ある社長の一言で自分にとってのラッキーナンバーを調べ、そうガチガチではありませんが(半分のガチ程度か)意識に上がる程度の範囲でお近づきしてきました。その結果、まあこれは結果論となってしまいますが,,,,,,結果…

日本人でよかった、とぜんざい啜って思いました。

お店でのランチに全く興味がありません。TVでランチ特集なぞをやろうモノなら我妻はターゲット捜しにやっきになっておりますが、私は時間の無駄センサーが働きリビングを後にします。自分で(うち週3回は妻 4回は私が作ります)ランチ弁当を作るようになっ…

この鬼畜夫婦にお裁きを!!

試写会に当選したので寅さんを観て来ました。1作目から数えて50年目、しかもちょうど50本目という潔さ。寅さんこと渥美清さんがなくなってもう久しいのですが、この記念すべき50作目を観終えて改めて渥美清という役者の凄みを認識いたしました。この日の…

そうそう、決まって嫌なヤツが現れる

以前なら(大体2015年の病に倒れるまで) 「あ、そうそう私何かあなたの気に入らないことしましたかね?もし失礼があったなら、謝りますが。」と Fに直談判していたかもしれません。 もっと血気盛んなころなら 「あのなあ、おまえ、なんかオレの気に入らない…

ニコニコ業界&ギスギス業界

心が満たされたニコニコ業界(お財布も満たされてます) 人間って不思議なモノです。心が満たされているとどんなに厳しい顔つきで強面を装っても、どことなく余裕感が醸し出され、それが視線の優しさに現れます。 相次ぐ自然災害で被災されたり、亡くなられ…

家にはお金をかけず寝るためだけの場所にしておく

仕事柄中小企業の社長とお付き合いさせていただいただくことが多い。長いこと一つの企業に勤めていると同じように歳を重ねてきた方とは社内外でのポジションは異なっても業界内なら懇意になってしまう。年齢的には私と近く経営者として2代目という立場の方も…

くだらなかった「そいつ」

「そいつ」は期待を裏切った。2時間30分余りの上映時間は長い、回想シーン多過ぎ。で、話が大きくなってもはやファンタジーになっていた。質の悪い脈略の薄い,ただ恐怖を抱かせようという意図だけのお伽話だ。上映時間が長かろうと集中していればどうってこ…

たまには心の浄化をお伊勢さんで。

3連休前の平日 「計画有休」なる奇妙な反強制休暇を取り伊勢神宮に出かけた。出かけた、としたが感覚的には呼ばれたような感じです。 奈良から近鉄電車で特急を使わず在来の急行を利用して約2時間半で到着。特急を利用した時より1時間遅くなるが、急ぐ旅で…

この映画でももクロのLIVE行きたくなりました。

いい作品なんだけど………なんというか…締まりのない打ち合わせが終わった後、いったい何が決定されたのか思い出せない会議のような映画でした。 構成が悪いのか、詰め込み過ぎなのか、オイオイ、それってちょっとおかしかないか?このシーン余計じゃないのか?…

日常に潜む気付きのヒント

ちょっとしたことで閃くことがある。他人からすると、「なんじゃ、それ?!」というようなことでも本人にしてみるとノーベル賞でも勝ち取ったような気付きということがたまにある。 今朝クルマでの通勤途中に、とある光景を目にした。あるオヤジが通り沿いの…

インプットの秋になりそうな。

ギターの師匠が貯まりにたまったCDのごく1部を断捨離するというので分けていただきました。その数、う~ん2枚組や中には10枚組(!)というのも混在するのですが、約130枚といったところでしょうか。 代価として28,000円お支払いしました。1枚あたり215円、高い…

強烈すぎる性愛本で雨宿り。

台風17号の影響で関西圏も天気が安定しない。時々吹きつける突風が夏の勢いから少し落ち着いた樹木の枝をくの字に曲げていく。低く厚い雲が命を持っているかのようにうごめく。余裕があるならどこか安全な場所で自然の天候ショーを見届けてみたいのだが、そ…

物欲との戦いというゲームを制す

一度でもAmazonで物欲対象品を検索すると、以降別のサイトを眺めていても「どうよ~コレ、お前が探していたコレ欲しいだろう?ホレホレ早くポチれよ!!」とばかりに催促画像が現れる。「検討することにしようと」その時は自分を欺いても、頃合いを図った頃に…

顔相(がんそう)という鏡

「日産 西川社長報酬不当上乗せ」 帰宅するとテーブルの上の夕刊一面に踊る文字。 ああこれか!!なるほど!!!! 母は若い頃からよく人の顔相を見る。その結果、どうのこうのは母からは一切言わない。その影響かまたは血を引いたのか、私も最近は自然と気になる…

最高難度のブラック経験者の天国職場行き

Aさんの社内の評判は協調性という尺度のみで評価すれば、5段階評価でギリギリ2でしょう。世界の中心はあくまで自分、過多なマイペース主義、とでもいうのでしょうか。 30代半ば、女性、独身、どんな時も自分の都合主義で飲み会等社内のプチイベントには絶…

浮世絵から京アニへの系譜

一体いかほどの私財をこのコレクションの投じたのだろうか?ただただシンプルにそう思いました。同時に大富豪が最後に行き着く先がアートである理由も腑におちました。それは金銭的価値を超えた名声が未来永劫忘れることなく刻まれるということなのです。命…

儲かる業界、その逆の..業種。

利益を生みやすい業界とその真逆という2つの構造で成り立っているのが世の中です。一般人にとって最も身近であり、また目立つのが「命」を頂点とするピラミッド構造の業界、医者(コレもピンキリだがそれはここでは触れません)看護師、薬、とにかく値切ら…

父子帰省の成れの果てのソロ帰省

この夏は「父子帰省」なる言葉が頻繁に飛び交いました。しかし、こんなの今に始まったことではありません。それどころかウチは数年前から、父(すなわち私)のみのソロ帰省が常態化しております。まあ私の実家まで住まいからクルマで1時間弱なのでいつでも伺…

身体メンタルいたって健康、お金もあって、仲間に恵まれ...

とうとう近所に住む娘さんが訪れても「誰だったかな?」と言うまでに認知症が進行してしまった実家近くに住むYおばちゃん。パンやらお菓子を作ることが大好きで、食べ盛りの頃は私も弟もよくいただいたものだった。今はご主人と2人暮らしでその相方だけはな…

結婚式で(嫁ぐ娘からみた)父母の格差

微かな余韻がまだ残っています。週末は上の娘の結婚式でした。周囲からは「大泣き間違いなし、だなあ」と冷やかされておりました。確かに最後のそれぞれの両親への手紙では鼻の奥がツーンとなることがあり、微かに涙しました。シナリオにあるのですよね、必…